トップページ > 人権問題 > 2020年06月21日 > gpbxHi2l0

書き込み順位&時間帯一覧

2 位/13 ID中時間01234567891011121314151617181920212223Total
書き込み数0000000001100000000000002



使用した名前一覧書き込んだスレッド一覧
名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ dbac-r5Xw)
集団ストーカーと言われている現象について 2

書き込みレス一覧

集団ストーカーと言われている現象について 2
354 :名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ dbac-r5Xw)[]:2020/06/21(日) 09:26:15.52 ID:gpbxHi2l0
メキシコのトマホークステーキ肉はそういうことか
集団ストーカーと言われている現象について 2
355 :名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ dbac-r5Xw)[]:2020/06/21(日) 10:59:39.87 ID:gpbxHi2l0
楽器製造だって

セナプ製作技術

朝鮮民族は昔から自ら多くの楽器を製作して生活に利用した。なかには、民族木管楽器のセナプもある。
オノオレカンバ、クワノキ、ナツメノキのような硬い木でつくったセナプは、
14世紀後半から人民に愛され発展してきた独特な民族管楽器である。
高麗時代(918〜1392)年にセナプは軍隊で信号用楽器として多く利用された。
「高麗史」音楽に関する楽誌にセナプに関する記録がないことから宮中音楽には利用されず、
軍隊の信号用楽器、あるいは民間の農楽に多く利用されたと見られる。これに関しては、
高麗時代の官僚、学者であった鄭夢周(1337〜1392)の詩からも分かるように、
音色が澄み切り、鋭いので戦闘訓練時には軍令を厳格にする信号用楽器として利用されたという。
しかし、朝鮮封建王朝時代(1392〜1910)に来て、セナプは軍隊と民間だけでなく、宮中でも広く利用された。
この時期にセナプは宗廟祭礼楽など宮中音楽で演奏された。
セナプは他の民族楽器と同様、明るく清雅な音色を持っていたので室内よりも野外で演奏する楽器として伝わってきた。
しかし、セナプは音域が狭く小さい音声の演奏が不可能なことをはじめ一連の欠点があった。
そうして、1960年代から民族楽器を改良するための活動が行われ、その過程に多くの成果が収められた。
楽器製作に科学技術が導入され、新しい演奏法が編み出されることにより、セナプ演奏における表現能力は
さらに豊かになり、ラッパの大きさと質、形態が近代的美感に合わせて改良された。それがチャンセナプである。
セナプのこのような発展は楽器が管弦楽にまで参加できる可能性を開き、管弦楽「青山が原に豊年が来た」で
独特な音色で多くの人々の関心を集めた。

セナプ製作技術は朝鮮の国家無形文化遺産である。

2020-06-20


※このページは、『2ちゃんねる』の書き込みを基に自動生成したものです。オリジナルはリンク先の2ちゃんねるの書き込みです。
※このサイトでオリジナルの書き込みについては対応できません。
※何か問題のある場合はメールをしてください。対応します。