トップページ > ニュー速VIP > 2013年04月14日 > u0Hf1MKN0

書き込み順位&時間帯一覧

674 位/25175 ID中時間01234567891011121314151617181920212223Total
書き込み数51320000000371212710100000063


使用した名前一覧書き込んだスレッド一覧
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
修正
遊佐葵「うるせー、クソムシ」
タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」
写輪眼無しのサスケ vs 九尾と仙人モード無しのナルト
上条「学園都市の平和を乱す奴にはレイプしかないだろ!」
美琴「佐天さん、あなたよくチンピラに絡まれるわねー」
コナン「ゴーイングメリー号の招待券?」
バンドで生きる→親泣く→それでもやる→上達する→親泣く
御坂「レベル0の人って何を目的に学園都市にいるのかしらね?」
一番うまい炭酸飲料といったらやっぱり
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」

その他1スレッドすべて表示する

書き込みレス一覧

次へ>>
遊佐葵「うるせー、クソムシ」
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 00:34:51.59 ID:u0Hf1MKN0
これなら許せた
タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 00:47:14.48 ID:u0Hf1MKN0
深夜

マスオ「しまったなー。アナゴ君に付き合わされて」

マスオ「帰るのがこんなに遅くなってしまったぞ」

マスオ「サザエ、かんかんだろうな」

ブロロロロ

マスオ「ん? 車か」

ブロロロロロ 

マスオ「何だぁ? スピードを上げてこっちに来るぞぉ」

キイイイイィィィ

マスオ「びゃ゛あああああああああああ゛ぁ゛ぁ!!」
タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」
8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 00:51:42.57 ID:u0Hf1MKN0
ブロロロロ…

マスオ「ハァハァ、ヒィヒィ、ゼェゼェ」

マスオ「危ないところだったなー」

マスオ「何だったんだあの車」

マスオ「明らかに僕を轢く気だったようだけど」
タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」
9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 00:54:04.14 ID:u0Hf1MKN0
磯野家

サザエ「あなた、言い訳するにしてももっと選びなさいよ」

マスオ「本当なんだって」

マスオ「歩いていたら車が僕めがけて急に!」

マスオ「あれは明らかに故意だよ」

サザエ「どうやら今夜相当飲んだようね」

マスオ「おいおい、サザエ〜」
タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」
14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 00:58:35.93 ID:u0Hf1MKN0
翌朝

波平「それじゃあ、行ってくる」

フネ「今日は家で食べるんですか?」

波平「ああ、遅くなる予定はない」

マスオ「同じく」

サザエ「昨日みたいなのはごめんよ」

マスオ「わかってるって」
タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」
15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 01:01:06.59 ID:u0Hf1MKN0
駅のホーム

波平「しかし、マスオ君」

波平「昨夜はとんだ災難だったようじゃないか」

マスオ「ええ。一歩間違ってたら大変な目に遭ってるところでした」

波平「お互い気を付けんといかんな」

マスオ「はい」
タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」
16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 01:04:02.24 ID:u0Hf1MKN0
ドン

波平「えっ」

波平「ぐわあああああああぁぁ」

ドサッ

マスオ「あー! お義父さんが路線に!?」

波平「いたたた……」

マスオ「大丈夫ですか? お義父さん」

『間もなく、電車が参ります。黄色い線の内側まで……』

マスオ「た、大変だぁ〜!」
タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」
17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 01:06:41.85 ID:u0Hf1MKN0
パー

ガタンゴトンガタンゴトン

波平「ぎゃあああっ! お助けを!」

マスオ「き、緊急停止ボタンを!」

ポチ

ジリリリリリリリリリ

キキキィィー ガタン…


波平「うぅぅ」

波平「ワシは助かったのか……」
タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」
20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 01:10:53.22 ID:u0Hf1MKN0
夕方

サザエ「まあ、そんなことが」

フネ「聞いただけで寿命が縮まりそうな話ですよ」

波平「まったくだ」

カツオ「何にせよ、父さんが無事でよかったよ」

ワカメ「うん!」

タラオ「よかったです」

波平「マスオ君のおかげだよ」

マスオ「いえいえ」
タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」
23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 01:14:12.38 ID:u0Hf1MKN0
フネ「本当に、ホームでは気を付けてくださいよ」

波平「それがな、今朝のはどうも誰かに後ろから突き落とされた感じがするんだよ」

サザエ「それじゃあ、誰かがお義父さんを電車に轢かせようとしたって訳?」

カツオ「まさかー。この期に及んで言い訳なんていいよ」

カツオ「路線に落っこちた時点で充分かっこ悪いんだから」

波平「言い訳なもんか!」

波平「あれは絶対誰かに背中を突き飛ばされたんだ」
タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」
24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 01:17:01.83 ID:u0Hf1MKN0
マスオ「待ってください」

マスオ「もしお義父さんの言ってることが本当なら」

マスオ「昨晩僕が車に襲われたのもあながち間違いってことじゃ」

マスオ「なかったのかもしれないことになりますよ」

サザエ「同一犯ってこと?」

カツオ「誰かが父さんとマスオ兄さん二人を陥れようとしたってことか」

ワカメ「やだ怖い……」
タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」
25 :修正[]:2013/04/14(日) 01:18:36.30 ID:u0Hf1MKN0
マスオ「待ってください」

マスオ「もしお義父さんの言ってることが本当なら」

マスオ「やっぱり昨晩僕が車に襲われた件もあながち間違いじゃ」

マスオ「なかったのかもしれないですよ」

サザエ「同一犯ってこと?」

カツオ「誰かが父さんとマスオ兄さん二人を陥れようとしたってことか」

ワカメ「やだ怖い……」
タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」
29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 01:21:36.08 ID:u0Hf1MKN0
サザエ「やだー、考えすぎだって」

サザエ「何二人して疑心暗鬼になってるのよ」

波平「しかしなぁ」

サザエ「自分の注意力が足りなかったのを」

サザエ「他人様のせいにするのは感心しないわ」

波平「むぅ」

マスオ「そう言われちゃあなぁ」

カツオ「姉さんだって人のこと言えないくせに」

サザエ「あら、何か言った?」

カツオ「別に」
タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」
33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 01:29:09.14 ID:u0Hf1MKN0
ノリスケ「ごめんくださーい」

波平「ノリスケか」

ノリスケ「おや。なんかいいタイミングにお邪魔しちゃったようですね」

波平「この時間帯を見計らって来たくせに何を言う」

サザエ「待ってね。今ノリスケさんの分も準備するわ」

ノリスケ「ありがとうございます」
タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」
34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 01:33:44.08 ID:u0Hf1MKN0
ノリスケ「あれ、どうしたんですか?」

ノリスケ「何だか皆さん、いつもより静かな気がしますけど」

波平「別にそんなことはない」

カツオ「実は今朝、父さんが駅で誤って路線に落ちちゃったんだ」

波平「こら、わざわざ話す奴があるか」

ノリスケ「えっ! それは大変でしたね」

ノリスケ「サザエさーん、ビールもお願いしますねー」
タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」
35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 01:37:39.82 ID:u0Hf1MKN0
カツオ「ノリスケおじさん、反応それだけ?」

ワカメ「その後どうなったかとか気にならないの?」

ノリスケ「別に気にならないけど」

ノリスケ「だっておじさんは今ここで元気に食卓を囲んでいるじゃないか」

ノリスケ「つまり何ともなかったってことだろ」

ノリスケ「なのにそれをとやかく詮索するなんて野暮だよ」

マスオ「言ってることはもっともだけど」

マスオ「何だかノリスケ君らしくないなー」

カツオ「うん。いつもならこういうネタにはすぐ食いつくもんね」
タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」
36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 01:42:28.36 ID:u0Hf1MKN0
ノリスケ「やだなー、僕はそんな安っぽい人間じゃありませんよ」

ノリスケ「ささ、今日は多いに飲みましょう」

波平「本当に調子のいい奴だ」

ノリスケ「そうそう。マスオさん、明日僕の家に来ませんか」

マスオ「君の家にかい? どうしてまた」

ノリスケ「イクラがタラちゃんと遊びたがってるんですよ」

ノリスケ「たまには僕の家で、というのも悪くないでしょう」

タラオ「イクラちゃんと遊びたいでーす」

マスオ「わかった。それじゃ明日は休日だしお邪魔させてもらうよ」
タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」
38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 01:48:18.37 ID:u0Hf1MKN0
ノリスケ「それとおじさん」

波平「何だ?」

ノリスケ「ちんこ」

波平「まんこ」

マスオ「おまんちん」


おしまい
写輪眼無しのサスケ vs 九尾と仙人モード無しのナルト
207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 02:07:14.40 ID:u0Hf1MKN0
サスケ腐きもすぎwwwwwwwwwwwwww
上条「学園都市の平和を乱す奴にはレイプしかないだろ!」
7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2013/04/14(日) 02:51:22.13 ID:u0Hf1MKN0
吹寄
美琴「佐天さん、あなたよくチンピラに絡まれるわねー」
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 10:41:44.83 ID:u0Hf1MKN0
無能力者
絡まれ体質
薬中

全ての要素がビッチなのを示してる
美琴「佐天さん、あなたよくチンピラに絡まれるわねー」
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 10:47:53.91 ID:u0Hf1MKN0
しかも武器がバットとか、やべえわこの女
美琴「佐天さん、あなたよくチンピラに絡まれるわねー」
16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 10:59:54.87 ID:u0Hf1MKN0
この女は一体いつ能力に目覚めるんだ
こいつ自体つるんでる女子たちとくっちゃべるだけで何もしない
こんな日常のままでいいと思い込んでるに違いない

遊び感覚で大学通って単位取らないのと同一
コナン「ゴーイングメリー号の招待券?」
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 11:12:15.52 ID:u0Hf1MKN0
小五郎「ああ。この船のチケットだけ格安で手に入ったんだ」

小五郎「たまには船旅ってのもシャレてていいだろ」

蘭「コナン君、いきましょいきましょ」

コナン「うん。一体どんな船なんだろうね、蘭姉ちゃん」
美琴「佐天さん、あなたよくチンピラに絡まれるわねー」
22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 11:18:21.37 ID:u0Hf1MKN0
能力に目覚めたら目覚めたで御坂以上に乱用しそうなタイプ
バンドで生きる→親泣く→それでもやる→上達する→親泣く
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 11:20:04.66 ID:u0Hf1MKN0
これで完璧だ
美琴「佐天さん、あなたよくチンピラに絡まれるわねー」
27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 11:24:46.26 ID:u0Hf1MKN0
大人しく実家帰ってあの身体生かした仕事でも見つけるべき
御坂「レベル0の人って何を目的に学園都市にいるのかしらね?」
9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2013/04/14(日) 11:27:42.78 ID:u0Hf1MKN0
うわ、つまんね
御坂「レベル0の人って何を目的に学園都市にいるのかしらね?」
27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2013/04/14(日) 11:32:50.85 ID:u0Hf1MKN0
どおりで投下速度が速い訳だ
御坂「レベル0の人って何を目的に学園都市にいるのかしらね?」
85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 11:54:58.85 ID:u0Hf1MKN0
いちいち再放送せんでええわ
一番うまい炭酸飲料といったらやっぱり
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 12:00:23.04 ID:u0Hf1MKN0
三矢サイダーでおk?
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 12:12:38.19 ID:u0Hf1MKN0
佐々木「よいしょっと」


はまじ「見ろよ。あのじじい、また苗木の世話してるぜ」

まる子「佐々木のじいさんも飽きないねぇ」

関口「ったく、いつも邪魔なんだよ、あのクソジジイ」

ブー太郎「いつも木にへばり付いてて気味悪いブー」
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 12:16:55.32 ID:u0Hf1MKN0
はまじ「なあ、みんなであのじじいを怒らせないか?」

ブー太郎「それ、いいなブー」

関口「やろうぜ」

まる子「よしなよ。佐々木のじいさん、木のことになると怖いよ」

山田「わーいわーいwwwオイラもやるじょーwwww」
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 12:19:56.20 ID:u0Hf1MKN0
はまじ「いいんだよ。町中の木を壊しまくれば」

はまじ「あのじいさん怒りを通り越してしょぼくれるぜ、きっと」

関口「よし。それじゃ早速やろうぜ」

ブー太郎「まずこの木の枝から折るブー」

バキッ

ブー太郎「ブヒョー、気持ちいいブー」
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 12:23:46.51 ID:u0Hf1MKN0
関口「じゃあ、俺は木に言葉を刻むぜ」

ガリガリガリ

関口「『ささきのクソジジイ、はやくしね』っと」

はまじ「がははは、いつも育ててる木に悪口言われてやがるぜ」

ブー太郎「傑作だブー」

まる子「あはは、何か面白そうだね。あたしも何だかやりたくなってきたよ」
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 12:28:53.51 ID:u0Hf1MKN0
山田「おーいwwwww」

まる子「あれ、山田どこに行ってたの?」

山田「オイラはねwww家から斧を持ってきたんだじょwwwwww」

山田「今からこの木を切るじょwwwwww」

カコーン カコーン

山田「でへへwwwいい音だなぁwwww」

山田「えんやーwwwこらーwwwじょーwwww」

はまじ「いいぞ、いいぞ。やれー!」
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 12:34:01.08 ID:u0Hf1MKN0
山田「あぁ゛wwwづかれた゛ァーwwww」

山田「おいwwwwさくらァwwwwオイラと切るの交代してくれよwwww」

まる子「ええ、あたし?」

山田「いいじゃないかwwww斧で木を切るのきもちいいじょーwwww」

関口「さくらも切りたがってただろ。やっちゃえよ」

まる子「そうだねぇ。それじゃあちょっとだけ!」

カコーン カコーン
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 12:37:05.21 ID:u0Hf1MKN0
まる子「うわ。なにこれ、すごく楽しいー」

まる子「こりゃ気分は童話に出てくる木こりだよ」

まる子「それー、それー」

カコーン カコーン

ブー太郎「もうすぐで切れるブー」

山田「がんばれーwwwwがんばれーwwwww」
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 12:43:13.28 ID:u0Hf1MKN0
佐々木「ふぅ。これで一通り木の世話は終わったぞ」

佐々木「お前たち、明日もまた来るからな」

カコーン カコーン

佐々木「おや、何だか」

佐々木「こちらの方がやけに騒がしいような」

佐々木「お祭りでもやっているのだろうか。どれどれ」
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 12:47:39.48 ID:u0Hf1MKN0
はまじ「さくらー、やれー、あともうちょっとだ」

まる子「任しといてよっ」

カコーン カコーン

佐々木「えっ」

まる子「これでどうだぁ!」

バキバキ バキバキ

山田「わーいわーいwwww切れたじょwwww切れたじょwwww」

関口「切り株のできあがり〜」

佐々木「お、おい……これは一体……なんなんだ」
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 12:53:31.41 ID:u0Hf1MKN0
まる子「いやー。木を切るのって思ってたよりすごく気持ちいいもんだねぇ」

ブー太郎「切り株もいい座り心地だブー」

佐々木「き、君たち……これは……」

まる子「あ、佐々木のじいさんだ」

関口「やっぱきやがった。木のことだと敏感なじいさんだな」

佐々木「こ、これは……どういうことなんだ……」

はまじ「見てわからないのかよ?」

山田「 木 を 切 っ て る ん だ じ ょ w w w 」

佐々木「っ!」
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 12:57:59.67 ID:u0Hf1MKN0
まる子「いやー、佐々木のじいさんが手塩にかけた分」

まる子「いい切り心地だったよー。ありがとね、佐々木のじいさん」

ブー太郎「あっちの木は枝を折っておいたブー」

関口「そっちの木は文字を刻んどいたからちゃんと読めよな」

まる子「この切り倒した木はどうしようかねぇ」

はまじ「燃やそうぜ」

ボワァ

山田「わーいwwww永沢くんちみたいだじょーwwwwwww」

佐々木「が、がが……ぐぐぐ……んんんぁ」ワナワナ
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2013/04/14(日) 13:03:03.54 ID:u0Hf1MKN0
佐々木「うんぬああああああああああぁぁっ」

タッタッタッタ…

まる子「あれ、佐々木のじいさん叫びながら自分の家に戻ってったよ」

はまじ「な、言ったろ」

はまじ「怒りを通り越してしょぼくれるだけだって」

関口「きっと今頃家の中でわんわん泣いてるぜ」

ブー太郎「じじいのくせにみっともないブー」

メラメラ

山田「たき火あったかいじょーwwwww」
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 13:07:53.98 ID:u0Hf1MKN0
まる子「この燃えた木の後始末どうする?」

関口「そうだなー。佐々木のじじいもいなくなっちまったし」

ブー太郎「このままにしておく訳にもいかんブー」

はまじ「俺のおしっこで消してやる」

ジョボジョボジョボ

はまじ「木に水をあたえましょ〜」

シュボ…

はまじ「はい、みごとチン火しました〜」

まる子「あっはっは、はまじおっかしいねえー」

山田「がはははははwwwwwちんかwwwwちんちんかwwwww」
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2013/04/14(日) 13:11:15.83 ID:u0Hf1MKN0
関口「あー、今日はおもしろかったぜ」

はまじ「さて、帰るか」

ブー太郎「ブー」

タッタッタッタッタ

まる子「あれ?」

まる子「佐々木のじいさんまた、家から出てきたよ」

はまじ「本当だ」

ブー太郎「こっちに向かってくるブー」


佐々木「んんんぬああぁ!! 待てええーーー小僧共ぉぉーーー!!」


関口「お、おい、あいつ、手に包丁持ってないか!?」
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 13:16:59.53 ID:u0Hf1MKN0
ブー太郎「ゲッ、本当だブー」

まる子「やばいよ、ありゃ完全に怒ってるよ……!」


佐々木「貴様らァ、殺してやる! 殺してやる!」

佐々木「一人残らず、絶対に、殺してやるからなぁーー!!」


はまじ「うわああぁ、み、みんな逃げるぞ!」

まる子「ヒエエェー!」

山田「うんぎゃあああああwwwwww」

タッタッタッタ
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 13:22:58.50 ID:u0Hf1MKN0
佐々木「待て待てェーーー貴様ら逃げるなアァーーー!」


まる子「ご、ごめんなさぁい!」

はまじ「ひいぃ、もうしません!」

関口「許してくれよー」


佐々木「許すものかァァァ!!」


ブー太郎「ブヒョー、早すぎて追いつかれるブー!!」

山田「みんな待ってくれよwwwwオイラをwwww置いてかないでくれよーwwwwあああwww」
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 13:28:23.53 ID:u0Hf1MKN0
ドテッ

山田「ああああっwwwww」


ブー太郎「あっ、山田が転んだ」


山田「あたたwwwwんあっ!?」

佐々木「……」

山田「あ、あわわわわ……w」

佐々木「キミ転んで、痛いかね?」

山田「やだwwwやめwwwwゆるしてくれよwwwうわああん」

佐々木「でもな」

佐々木「木はもっと痛かったんだぞオオオオォォォ!!」

ザシュ
山田「がああああああぁっぁっ、ごふっ」
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 13:33:55.76 ID:u0Hf1MKN0
山田「い゛いだあぁ゛ーーwwwっwww」

山田「いだぁいじょおぉーー」


佐々木「こいつめエエェ!」

佐々木「木の痛み、その身をもって味わえぇっ!!」


ザシュ ザシュ ザシュ ブシャアアァァ

山田「ああがあ、ぁっ、が、があちゃ゛ん、だすげっ、んがあ」

ザシュ

山田「ぐっ」

山田「」

佐々木「ハァハァ」

佐々木「うんぬぬぬぅーーーーあと四人!!」
まる子「『佐々木のじいさんを怒らせよう』の巻」
110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/04/14(日) 13:38:04.89 ID:u0Hf1MKN0
ブー太郎「転んだ山田とはぐれちゃったブー」

関口「まさか、山田。あのじじいにやられたんじゃ……」

まる子「そ、そんな……」

はまじ「バ、バカ! 縁起でもないこと言うな」

はまじ「あいつのことだ、ちゃんと逃げきれてるよ」

まる子「そうだといいけど」


佐々木「そこにいたかァァァ!!」


まる子「うぎゃああぁ、もう見つかったー!」
次へ>>

※このページは、『2ちゃんねる』の書き込みを基に自動生成したものです。オリジナルはリンク先の2ちゃんねるの書き込みです。
※このサイトでオリジナルの書き込みについては対応できません。
※何か問題のある場合はメールをしてください。対応します。