トップページ > 野球総合 > 2018年02月14日 > /kSlIsQi

書き込み順位&時間帯一覧

1 位/405 ID中時間01234567891011121314151617181920212223Total
書き込み数0000000000000000007222148000341


使用した名前一覧書き込んだスレッド一覧
名無しさん@実況は実況板で
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net

書き込みレス一覧

次へ>>
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
25 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:36:40.00 ID:/kSlIsQi
−オフの調整は
シーズンが終わって1カ月ぐらい休んで、そこからトレーニングを中心にやっていました。
投げたり打ったりもしましたけど、決まる直前から今までの1週間ぐらいは、天候も良くなかったので。
状態としては悪くないです。             
−日本人投手との対戦となるが
大きく変わるところだと思います。しっかりアジャストしていく気持ちがあります。
ベースボールと野球の違いはすごく感じているし、なるべく早く野球に近づけたいと思います。
−昨季のヤクルトの印象
自分もネットとかニュースで見ていた。メンタルがやられますよね、
あれだけ負けるとマイナスイメージしか湧かないというか、なかなか立ち直れないと思う。
でもこうして練習の内容とか量とか、いろんな方面から変わろうとしているのを感じます。いい方向に行ってほしいです。
−今キャンプは10時間の猛練習
びっくりしています。それだけ耐えられる体力があるということだから、やっぱりやればできると思う。
負けて、厳しくなるのは当たり前。厳しさの中に楽しさを感じて欲しいし、何か達成した時の喜びを感じると、もっともっと良くなると思います。
−意気込み
個人的なものは、日本1年目なので正直、手探りなところ。でも早く順応できれば必ず結果はでると思う。
日本にいた時のような成績を残せればと思うけど、チームとして優勝したい。
(米国移籍前の)2011年の時に優勝を逃しているので、日本の時代そこで1回、止まっている。また、そこから先に進めたい。
自分のやり残したことはヤクルトが優勝することだと思っている。その気持ちをずっと持ってやっていきたい。
−日本復帰決断の決め手
はじめはメジャーを優先して探していたけど、市場の動きがスローペースだった。
そんな中でヤクルトに迷惑がかからない時期はここまでじゃないかなと考えて決断しました。
−米国の6年間
自分を変えてくれた。言葉もベースボールも米国の常識も分からない中、生活から全てが試練というか。
そんな中でいつでも前向きに楽しさを忘れずにやってきた。相当自信になりました。
−青木にとって、ヤクルトとは
自分はポスティングで去っていった感じだった。そんな自分を温かく迎えてくれたこの球団を愛しているし、
今は優勝させることしか考えていません。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
26 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:36:56.46 ID:/kSlIsQi
−オフの調整は
シーズンが終わって1カ月ぐらい休んで、そこからトレーニングを中心にやっていました。
投げたり打ったりもしましたけど、決まる直前から今までの1週間ぐらいは、天候も良くなかったので。
状態としては悪くないです。             
−日本人投手との対戦となるが
大きく変わるところだと思います。しっかりアジャストしていく気持ちがあります。
ベースボールと野球の違いはすごく感じているし、なるべく早く野球に近づけたいと思います。
−昨季のヤクルトの印象
自分もネットとかニュースで見ていた。メンタルがやられますよね、
あれだけ負けるとマイナスイメージしか湧かないというか、なかなか立ち直れないと思う。
でもこうして練習の内容とか量とか、いろんな方面から変わろうとしているのを感じます。いい方向に行ってほしいです。
−今キャンプは10時間の猛練習
びっくりしています。それだけ耐えられる体力があるということだから、やっぱりやればできると思う。
負けて、厳しくなるのは当たり前。厳しさの中に楽しさを感じて欲しいし、何か達成した時の喜びを感じると、もっともっと良くなると思います。
−意気込み
個人的なものは、日本1年目なので正直、手探りなところ。でも早く順応できれば必ず結果はでると思う。
日本にいた時のような成績を残せればと思うけど、チームとして優勝したい。
(米国移籍前の)2011年の時に優勝を逃しているので、日本の時代そこで1回、止まっている。また、そこから先に進めたい。
自分のやり残したことはヤクルトが優勝することだと思っている。その気持ちをずっと持ってやっていきたい。
−日本復帰決断の決め手
はじめはメジャーを優先して探していたけど、市場の動きがスローペースだった。
そんな中でヤクルトに迷惑がかからない時期はここまでじゃないかなと考えて決断しました。
−米国の6年間
自分を変えてくれた。言葉もベースボールも米国の常識も分からない中、生活から全てが試練というか。
そんな中でいつでも前向きに楽しさを忘れずにやってきた。相当自信になりました。
−青木にとって、ヤクルトとは
自分はポスティングで去っていった感じだった。そんな自分を温かく迎えてくれたこの球団を愛しているし、
今は優勝させることしか考えていません。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
27 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:37:12.07 ID:/kSlIsQi
−オフの調整は
シーズンが終わって1カ月ぐらい休んで、そこからトレーニングを中心にやっていました。
投げたり打ったりもしましたけど、決まる直前から今までの1週間ぐらいは、天候も良くなかったので。
状態としては悪くないです。             
−日本人投手との対戦となるが
大きく変わるところだと思います。しっかりアジャストしていく気持ちがあります。
ベースボールと野球の違いはすごく感じているし、なるべく早く野球に近づけたいと思います。
−昨季のヤクルトの印象
自分もネットとかニュースで見ていた。メンタルがやられますよね、
あれだけ負けるとマイナスイメージしか湧かないというか、なかなか立ち直れないと思う。
でもこうして練習の内容とか量とか、いろんな方面から変わろうとしているのを感じます。いい方向に行ってほしいです。
−今キャンプは10時間の猛練習
びっくりしています。それだけ耐えられる体力があるということだから、やっぱりやればできると思う。
負けて、厳しくなるのは当たり前。厳しさの中に楽しさを感じて欲しいし、何か達成した時の喜びを感じると、もっともっと良くなると思います。
−意気込み
個人的なものは、日本1年目なので正直、手探りなところ。でも早く順応できれば必ず結果はでると思う。
日本にいた時のような成績を残せればと思うけど、チームとして優勝したい。
(米国移籍前の)2011年の時に優勝を逃しているので、日本の時代そこで1回、止まっている。また、そこから先に進めたい。
自分のやり残したことはヤクルトが優勝することだと思っている。その気持ちをずっと持ってやっていきたい。
−日本復帰決断の決め手
はじめはメジャーを優先して探していたけど、市場の動きがスローペースだった。
そんな中でヤクルトに迷惑がかからない時期はここまでじゃないかなと考えて決断しました。
−米国の6年間
自分を変えてくれた。言葉もベースボールも米国の常識も分からない中、生活から全てが試練というか。
そんな中でいつでも前向きに楽しさを忘れずにやってきた。相当自信になりました。
−青木にとって、ヤクルトとは
自分はポスティングで去っていった感じだった。そんな自分を温かく迎えてくれたこの球団を愛しているし、
今は優勝させることしか考えていません。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
28 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:37:27.27 ID:/kSlIsQi
−オフの調整は
シーズンが終わって1カ月ぐらい休んで、そこからトレーニングを中心にやっていました。
投げたり打ったりもしましたけど、決まる直前から今までの1週間ぐらいは、天候も良くなかったので。
状態としては悪くないです。             
−日本人投手との対戦となるが
大きく変わるところだと思います。しっかりアジャストしていく気持ちがあります。
ベースボールと野球の違いはすごく感じているし、なるべく早く野球に近づけたいと思います。
−昨季のヤクルトの印象
自分もネットとかニュースで見ていた。メンタルがやられますよね、
あれだけ負けるとマイナスイメージしか湧かないというか、なかなか立ち直れないと思う。
でもこうして練習の内容とか量とか、いろんな方面から変わろうとしているのを感じます。いい方向に行ってほしいです。
−今キャンプは10時間の猛練習
びっくりしています。それだけ耐えられる体力があるということだから、やっぱりやればできると思う。
負けて、厳しくなるのは当たり前。厳しさの中に楽しさを感じて欲しいし、何か達成した時の喜びを感じると、もっともっと良くなると思います。
−意気込み
個人的なものは、日本1年目なので正直、手探りなところ。でも早く順応できれば必ず結果はでると思う。
日本にいた時のような成績を残せればと思うけど、チームとして優勝したい。
(米国移籍前の)2011年の時に優勝を逃しているので、日本の時代そこで1回、止まっている。また、そこから先に進めたい。
自分のやり残したことはヤクルトが優勝することだと思っている。その気持ちをずっと持ってやっていきたい。
−日本復帰決断の決め手
はじめはメジャーを優先して探していたけど、市場の動きがスローペースだった。
そんな中でヤクルトに迷惑がかからない時期はここまでじゃないかなと考えて決断しました。
−米国の6年間
自分を変えてくれた。言葉もベースボールも米国の常識も分からない中、生活から全てが試練というか。
そんな中でいつでも前向きに楽しさを忘れずにやってきた。相当自信になりました。
−青木にとって、ヤクルトとは
自分はポスティングで去っていった感じだった。そんな自分を温かく迎えてくれたこの球団を愛しているし、
今は優勝させることしか考えていません。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
29 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:38:01.51 ID:/kSlIsQi
.
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
30 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:38:16.94 ID:/kSlIsQi
.
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
31 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:38:32.32 ID:/kSlIsQi
.
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
32 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:38:47.69 ID:/kSlIsQi
.
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
33 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:39:02.98 ID:/kSlIsQi
−オフの調整は
シーズンが終わって1カ月ぐらい休んで、そこからトレーニングを中心にやっていました。
投げたり打ったりもしましたけど、決まる直前から今までの1週間ぐらいは、天候も良くなかったので。
状態としては悪くないです。             
−日本人投手との対戦となるが
大きく変わるところだと思います。しっかりアジャストしていく気持ちがあります。
ベースボールと野球の違いはすごく感じているし、なるべく早く野球に近づけたいと思います。
−昨季のヤクルトの印象
自分もネットとかニュースで見ていた。メンタルがやられますよね、
あれだけ負けるとマイナスイメージしか湧かないというか、なかなか立ち直れないと思う。
でもこうして練習の内容とか量とか、いろんな方面から変わろうとしているのを感じます。いい方向に行ってほしいです。
−今キャンプは10時間の猛練習
びっくりしています。それだけ耐えられる体力があるということだから、やっぱりやればできると思う。
負けて、厳しくなるのは当たり前。厳しさの中に楽しさを感じて欲しいし、何か達成した時の喜びを感じると、もっともっと良くなると思います。
−意気込み
個人的なものは、日本1年目なので正直、手探りなところ。でも早く順応できれば必ず結果はでると思う。
日本にいた時のような成績を残せればと思うけど、チームとして優勝したい。
(米国移籍前の)2011年の時に優勝を逃しているので、日本の時代そこで1回、止まっている。また、そこから先に進めたい。
自分のやり残したことはヤクルトが優勝することだと思っている。その気持ちをずっと持ってやっていきたい。
−日本復帰決断の決め手
はじめはメジャーを優先して探していたけど、市場の動きがスローペースだった。
そんな中でヤクルトに迷惑がかからない時期はここまでじゃないかなと考えて決断しました。
−米国の6年間
自分を変えてくれた。言葉もベースボールも米国の常識も分からない中、生活から全てが試練というか。
そんな中でいつでも前向きに楽しさを忘れずにやってきた。相当自信になりました。
−青木にとって、ヤクルトとは
自分はポスティングで去っていった感じだった。そんな自分を温かく迎えてくれたこの球団を愛しているし、
今は優勝させることしか考えていません。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
34 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:43:12.88 ID:/kSlIsQi
.
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
35 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:43:28.41 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
36 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:43:43.73 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
37 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:43:59.04 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
38 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:44:14.39 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
39 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:44:29.75 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
40 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:44:45.15 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
41 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:45:00.75 ID:/kSlIsQi
.
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
42 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:45:16.37 ID:/kSlIsQi
.
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
43 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:45:31.65 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
44 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:45:47.04 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
45 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:46:02.25 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
46 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:46:17.81 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
47 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:46:32.95 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
48 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:46:48.47 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
49 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:47:03.88 ID:/kSlIsQi
.
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
50 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:47:19.20 ID:/kSlIsQi
.
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
51 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:47:34.32 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
52 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:47:49.71 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
53 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:48:05.21 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
54 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:48:20.55 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
55 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:48:35.88 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
56 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:48:51.22 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
57 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:49:06.44 ID:/kSlIsQi
.
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
58 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:49:21.80 ID:/kSlIsQi
.
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
59 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:49:37.03 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
60 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:49:52.57 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
61 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:50:07.85 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
62 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:50:23.20 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
63 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:50:51.73 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
64 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:51:07.11 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
65 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:51:22.45 ID:/kSlIsQi
.
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
66 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:51:37.94 ID:/kSlIsQi
.
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
67 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:51:53.09 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
68 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:52:08.62 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
69 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:52:23.79 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
70 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:52:39.29 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
71 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:52:54.53 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
72 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:53:09.90 ID:/kSlIsQi
ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。
ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。
アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。
ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。
早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。
大学時代からプロに匹敵する施設と指導者の下でトレーニングを積んできた選手たちは、オフになると専属トレーナーの下で厳しいトレーニングを自らに課すようになった。
パフォーマンス向上のための意識も自ずと高まり、たとえばバットスピードを上げるためには上半身だけではなく、体幹や下半身を鍛えることが常識となった。
昨年のワールドシリーズで対戦したアストロズとドジャースの若い選手たちが、単にパワーがあるだけではなく、いずれも均整の取れた体つきをしていたのは偶然ではない。
青木が「メジャー挑戦」をしたのは、そういう変革の時代の真っ只中だった。
「楽しんでしまった方がいいでしょ?」                                                                   
鍛え上げられたメジャーリーガーたちと互角に戦うために、青木はオフの食事を見直し、トレーニングを変えた。
なかなか結果が出ず、守備固めで打席数が減ったり、ビジネス上の理由でマイナーに留まることを余儀なくされたり。
そんな時、「破顔一笑」という言葉が似合う彼は、「悔しいのは当たり前だけど」と前置きをし、可笑しそうに笑いながら、こう続けるのだった。
「どっちか選べってんなら、楽しんでしまった方がいいでしょ?」と。
彼の言う「楽しむ」とは、野球に対して真摯に向き合うことである。
そんなノリ・アオキ=青木宣親は、これから日本で何を残すのか。
青木だけではなく、東京ヤクルトスワローズにとっても、それは1つのテーマになるのではないかと思う。
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
73 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:53:25.50 ID:/kSlIsQi
.
青木宣親(35) .245(249-61) 1本 11打点 4盗塁 出塁率.323 OPS.636 [無断転載禁止]©2ch.net
74 :名無しさん@実況は実況板で[sage]:2018/02/14(水) 18:53:40.84 ID:/kSlIsQi
.
次へ>>

※このページは、『2ちゃんねる』の書き込みを基に自動生成したものです。オリジナルはリンク先の2ちゃんねるの書き込みです。
※このサイトでオリジナルの書き込みについては対応できません。
※何か問題のある場合はメールをしてください。対応します。