トップページ > 創作発表 > 2018年01月13日 > nKz924np

書き込み順位&時間帯一覧

5 位/42 ID中時間01234567891011121314151617181920212223Total
書き込み数0000002000000000000100003


使用した名前一覧書き込んだスレッド一覧
麻生 結弦 ◆GM.MgBPyvE
◆GM.MgBPyvE
佐井 浅香 ◆GM.MgBPyvE
【TRPG】バンパイアを殲滅せよ【現代ファンタジー】 [無断転載禁止]©2ch.net

書き込みレス一覧

【TRPG】バンパイアを殲滅せよ【現代ファンタジー】 [無断転載禁止]©2ch.net
118 :麻生 結弦 ◆GM.MgBPyvE [sage]:2018/01/13(土) 06:17:49.56 ID:nKz924np
『君が無事で、良かった……』

力無いが優しい、心から相手を気遣う笑顔。きつく抱きしめる結弦の腕は、見た目に反し逞しい。
『落ち着いて聞いてくれ。君の……ご両親が……』
それは……さっき秋子から聞いたわ。おじ様とおば様も……お気の毒だったわね。
『ごめん、たぶん僕が、あの鍵を掛け忘れたんだ。全部そのせいなんだ』
そうなの? でも違うわ。貴方のせいなんかじゃない。すべてわたくしの嫉妬と絶望が招いた事。
わたくしはあの化け物の存在を知っていて、あえてあそこに行ったの。
でも浅はかだった。事は自分一人の身では済まなかった。
ごめんなさい。一人にしてくださらない?
貴方は秋子と話してあげて。あの子を、もう一人のわたくしを受け入れてあげて。
もしあの子が子供を諦めるような事があれば……わたくしは貴方を許さない。

「――――桜子!!!」

しつこいわ結弦。一人にしてって言ってるでしょう?
わたくしは大丈夫。貴方と違って……無傷ですもの。そう、あの化け物にはまだ何もされてない。
貴方は右手を怪我したのでしょう? 右手じゃなく、左手だったかしら?
どちらでもいいわ。来週末のリサイタル、代わりに弾いて差し上げても宜しくてよ。

「この傷はヴァンパイアを……、……銀の弾頭……心臓の…………」

何を言っているの? もっとはっきり仰ってくださらないと分からないわ。
ヴァンパイアが、銀の弾頭がどうしたと言うの?

「違うわ! あたしの銃はただの……」
「間違いありません。銀の弾丸です」
「……うそ。……誰かが……入れ替えたってこと?」

結弦? 他に誰か居るの? 秋子の声じゃないみたい。言ってる事も意味が分からない。
ああ……何だか身体がだるいわ。眠くて仕方がないの。
それに……とっても寒い……胸のあたりが……氷のよう。
お願いよ結弦。そんなに揺すらないで。ちょっとだけよ。ほんのちょっと、眠るだけ。

あらでも……結弦、聞こえたかしら? 遠くからする……子供の……泣き声。
ええ、確かに子供。まだ小さい……ほんの生まれたばかりの赤ちゃんの産声。
ふふっ……まさか、ね。この病棟に産婦人科はないもの。

不意に……温かい何かが唇の上にポタリと落ちた。
瞬時に香る芳しい香り。落ちる雫は数を増し、滴りとなって口の中に流れ込む。
素晴らしく滋養に満ちた味わい。ゆっくりと味わい、飲み込む。
……もっと…… もっとよ……!!
せがむ口元に押し付けられる温かい感触は、人間の肌だ。無我夢中で牙を立てる。
声を殺し呻く男の声。結弦の声だった。この時気付いた。この肌は結弦のものだと。自分の為に自らの血を分け与えてくれたのだと。

「……結弦!!」
飛び起きたわたくしを見た結弦が笑った。力ない笑顔で。あの時と同じ顔で。
「良かった。眼が覚めたんだね?」
「好きよ、結弦!!」
自分でも不思議と本心が出た。初めて素直に言えた言葉。結弦に抱きつく腕に力が込もる。
「貴方の事が……好き!! 大好き!!」
抱き返す結弦の腕は、やはり細いが逞しかった。鍛えられたピアニストの腕。
その腕が背を離れ、この顎を上に向かせ……何て素敵なんでしょう! 貴方と口づけを交わす日が来るなんて――

「あの、盛り上がってるとこ悪いんだけど」
ちょんちょんと肩をつつかれ振り向くと、浅香が呆れ顔で立っていた。
ちょっとあなた! 空気を読むって言葉を知らないの?
わたくし達が……初めて互いの愛を確認し合った感動の場面なのよ!!?

だがそんな恨みごとは一目で吹き飛んでしまった。浅香の腕に、小さな赤子が抱かれていたから。
【TRPG】バンパイアを殲滅せよ【現代ファンタジー】 [無断転載禁止]©2ch.net
119 : ◆GM.MgBPyvE [sage]:2018/01/13(土) 06:18:56.76 ID:nKz924np
しまった
>118のハンネは水原桜子です
【TRPG】バンパイアを殲滅せよ【現代ファンタジー】 [無断転載禁止]©2ch.net
120 :佐井 浅香 ◆GM.MgBPyvE [sage]:2018/01/13(土) 19:40:14.46 ID:nKz924np
あたしは医者。専門は外科の闇医者。患者の大半はヤクザさん。銃で撃たれた傷の見立てには自信がある。

――盲貫創でこの出血。少なくとも胸骨は突き抜けてるわね。
単純に考えて、弾の直径は0.32インチ(7.65mm)だから射入創の直径は1センチにも満たない……小さい穴。
コッヘル突っ込んで……がんばったら弾取れないかしら?
(あ! 医療に詳しくない人が居るかもだから説明するけど、コッヘルってのはコッヘル氏鉗子のこと!
先が細くて長いから、狭い穴から何かを掴み取るのに便利なの!)
うーんでも……難しいかも。
闇雲に胸腔(肺が心臓がおさまっている空間)探ったら、肺に穴開けかねないわ。
心臓にめり込んじゃってる可能性もある。
あたしが装填してたのはACP(オートマチック・コルト・ピストル)FMJ(フルメタルジャケット)だから、
つぶれて広がったり飛び散ったりしてないはずだけど……
ヴァンパイアの骨組織はとっても強靭。それに当たったら多少は形が歪になって……尖がったりしちゃうかも。
無理やり引っ張って、薄い心房の壁引き裂いたり、血管破いて大出血ってのはやばいわ。
出血多量のせいで復活するのに苦労したって話、裕也がしてたし。
野外で手を出さない方が……いいかな。

誤解されがちだから言っとくけど、あたしの事、現場でのやっつけ仕事が得意だね! って言う人が居る。
助ける見込みが無くても適当に手術しちゃう無謀な医者って腐した患者もたまに居る。
そりゃあたしの処置は早くて乱暴で……いい加減に見えるかもだけど?
実際フォークとナイフしかなくて、それで脊髄の手術とかした事もあるけど……でも違う。
絶対の確信がある時しかあたしはその術式を選ばない。
良く言うでしょ?
だろう運転は駄目、かも知れない運転を心掛けろって。
上手くいくかも知れない……なんて気楽に考えて、それ! ってやっつけて死なせたらコトだもの。
でも……どうしよう?

取りとめない思考やら錯誤やらで手をこまねいていたあたし。
「桜子!!!」
って叫んで駆け寄った麻生に思いっきり突き飛ばされた。
受け身なんか取れないから、ビタンと思い切りほっぺたを打ちつける。

痛ったあぁーー…………
置き上がって見回す。さっきまで自分が居たその場所で、麻生が右の腕で桜子さんを横抱きに抱いている。
……君。
彼女が心配なのは解るけど、突き飛ばす事ないでしょ? 
ふん、優柔不断男(あたしの勝手な決め付けだが)が今更心配なんかして。
カッコつけてるつもり? 動いたら傷開くわよ?

「この傷はヴァンパイアを倒す唯一の手段、銀の弾頭による心臓の損傷……」
「え?……ええ!?」

ぼそぼそと呟いた麻生の言葉が、頭の中でうまく整理出来なくて思わず訊き返す。
何も答えず、彼女の顔と胸を交互に見ている麻生。
仕方なく麻生の言葉をもう一度反芻する。
――銀……。銀の弾頭による心臓の損傷……って? 今そう言った?

「違うわ! あたしの銃はただの……」
そうよ。あたしはそんな弾使ってない。ただの合金でカバーした鉛玉。
でも麻生は眉間に皺をよせてあたしを見た。明らかにあたしを疑ってる眼だ。
彼はそっと桜子さんを床に寝かせ、こちらに手を差し出した。
「それ、貸して下さい」
嫌よ! 君みたいな二股男(これも勝手な決め付け)にあたしのPPKを渡すなんて!
って思ったけど、あんまり真剣に凄むんで、しぶしぶその手に銃を置く。
すっごく鮮やかな手つきでマガジン出して(ガチャガチャさせないの! シュシュって!)、パラリと弾を抜く。
うーん?
ライトでギラついて良く見えないけど。
弾丸のお尻をつまみ、弾頭を上に向けて眺めていた麻生の顔が強張った。
「間違いありません。銀の弾丸です」
「……うそ。……誰かが……入れ替えたってこと?」


※このページは、『2ちゃんねる』の書き込みを基に自動生成したものです。オリジナルはリンク先の2ちゃんねるの書き込みです。
※このサイトでオリジナルの書き込みについては対応できません。
※何か問題のある場合はメールをしてください。対応します。