トップページ > 創作発表 > 2017年10月13日 > vjfG47A2

書き込み順位&時間帯一覧

3 位/44 ID中時間01234567891011121314151617181920212223Total
書き込み数0000000000000000000800008


使用した名前一覧書き込んだスレッド一覧
創る名無しに見る名無し
ロスト・スペラー 17 [無断転載禁止]©2ch.net

書き込みレス一覧

ロスト・スペラー 17 [無断転載禁止]©2ch.net
94 :創る名無しに見る名無し[sage]:2017/10/13(金) 19:29:08.51 ID:vjfG47A2
ジラは再びマキリニテアトーに目を向けると、ローブのポケットに収めたメモ紙を取り出して、
彼に見せ付け、残る疑問を打付けた。

 「ここにある『最終試験』とは何ですか?
  どうしてシャンリー班長は死ななければならなかったのですか?」

マキリニテアトーは表情を変えずに答える。

 「文字通りの『最終試験』だ。
  これより後は無い」

 「だから、シャンリー班長は死んだと?」

信じられないと眉を顰めるジラに、彼は無言で頷くのみ。
ジラは激昂した。

 「そんな馬鹿気た理由でっ!」

 「魔法使いとは、そう言う物だ」

怒る彼女をマキリニテアトーは強い言葉で制する。
その勢いにジラは圧されて、思わず口を閉ざした。
マキリニテアトーは静かな、しかし、迫力に満ちた声で語る。

 「予知魔法使いになるからには、予知を外してはならない。
  外れる予知に意味は無いのだ。
  それは最早、予知とは呼べない」

 「だからって、死ななくても!
  予知魔法使いに成れなかった位で!」

ジラは正論を吐く。
予知魔法使いに成れない事と、自殺する事には全く繋がりが無い。
ロスト・スペラー 17 [無断転載禁止]©2ch.net
95 :創る名無しに見る名無し[sage]:2017/10/13(金) 19:31:31.18 ID:vjfG47A2
filler
ロスト・スペラー 17 [無断転載禁止]©2ch.net
96 :創る名無しに見る名無し[sage]:2017/10/13(金) 19:32:30.41 ID:vjfG47A2
マキリニテアトーは彼女を小馬鹿にする様に、小さく笑った。

 「予知魔法使いは本来長い時間を掛けて、『未来を見る目』を養う物だ。
  気の遠くなる様な観察と考察の果てに、漸く僅かに未来を予感出来る様になる。
  だが、リン・シャンリーが目指していた予知魔法使いは、そんな生易しい物ではない。
  彼女は私を超越しようとしていた」

 「超越!?」

驚愕するジラを睨み付けて、彼は続ける。

 「予知魔法の究極は、未来を己が思う儘に導く。
  そこで2人の予知魔法使いが搗ち合い、同時には適えられない相反する予言をしたら、
  どうなると思う?」

ジラは数極思案して答えた。

 「……どちらかは外れる……」

 「そうだ。
  何れかは敗れ、予知魔法使いの資格を失う。
  予知の出来なくなった予知魔法使いは、死す他に無い」

 「何故……?」

高が予知を外した位で、どうして死ななければならないのか、ジラには解らない。

 「共通魔法使いには解らないか?
  翼を失った鳥、脚を折った馬、牙を抜かれた虎の定めだ。
  その命は魔法と共にあり、魔法失くして生きては行けない。
  それが真の魔法使いなのだ」

マキリニテアトーの言葉を聞いても、彼女は納得出来なかったが、これ以上理由を問うても、
同じ事を言われるだけで無駄だろうと察した。
ロスト・スペラー 17 [無断転載禁止]©2ch.net
97 :創る名無しに見る名無し[sage]:2017/10/13(金) 19:35:01.88 ID:vjfG47A2
彼女は「魔法使い」とは、「そう言う物」だと仮定して、会話を続ける。

 「シャンリー班長は『負けた』と言うんですか?」

マキリニテアトーは頷いた。

 「そうだ」

 「……誰に?」

 「私に」

予想通りの答を返され、ジラは落ち込んだ気分になった。
シャンリーがマキリニテアトーを超越しようとしていたと聞いた時点で、そうだろうと思っていた。
シャンリーは全てを承知で、最終試験に臨んだのだ。

 「貴方がシャンリー班長を殺した……」

 「彼女は私を上回れなかった」

 「貴方は何を予知したんですか?」

 「私は『彼女は予知魔法使いに成れない』と予知した」

ジラは沈黙した。
マキリニテアトーの予知通り、シャンリーは予知魔法使いに成れずに死した。
シャンリーは予知魔法の有用性を認めていたが、それは命に代えても求める様な物だったのか、
そこまでの価値を彼女は見出していたのか、ジラには何も解らない。
ロスト・スペラー 17 [無断転載禁止]©2ch.net
98 :創る名無しに見る名無し[sage]:2017/10/13(金) 19:39:55.48 ID:vjfG47A2
マキリニテアトーは弁解する様に、ジラに告げる。

 「もし、彼女が見事に予知を成功させていたら、死んでいたのは私の方だった」

予知を外す予知魔法使いは、最早予知魔法使いではない。
それは彼も同じ事。
だが、本当に死ぬ積もりがあったのかと、ジラは疑った。

 「その時は自殺でもする積もりだったんですか?」

シャンリーの様に。

 「魔法を失い、存在価値が無くなれば、消えてしまう。
  真の魔法使いとは、『魔法の使い』なのだ。
  その命は魔法と共に在り、魔法失くして生きては行けない。
  それが私達『旧い魔法使い<オールド・ウィザーズ>』」

同じ言葉を繰り返され、ジラは不快になって沈黙する。
彼女は未だ、「真の魔法使い」を知らない。
マキリニテアトーは両目を閉じ、溜め息を吐く。

 「リン・シャンリーには期待していた。
  私の魔法を継いで、この命を終わらせてくれる者だと。
  ここは退屈で堪らない。
  外れない予知も」

そして皆、口を閉ざしてしまう。
気不味い沈黙を破ったのは、クァイーダ。

 「話は終わった?
  それなら帰りましょう」

彼女はジラに呼び掛けて、退出を促した。
ロスト・スペラー 17 [無断転載禁止]©2ch.net
99 :創る名無しに見る名無し[sage]:2017/10/13(金) 19:43:09.86 ID:vjfG47A2
それに応じて徐に立ち上がったジラに、マキリニテアトーは言う。

 「ジラ・アルベラ・レバルト。
  予知魔法使いになる気は無いか?」

不意の問い掛けに、ジラは驚くと同時に激しい怒りを覚え、射殺す様な眼で彼を睨んだ。
シャンリーを死なせただけでは飽き足らず、新たな予知の犠牲者を求めているのかと。
しかし、マキリニテアトーは動揺しない。

 「君は将来、組織内の重要な地位に就くだろう。
  そして必ず、予知魔法を頼る。
  それに応じるかは、私の機嫌次第だ。
  どうだ、予知魔法使いにならないか?
  そうすれば――」

 「行きましょう、クァイーダさん」

ジラは彼の話を聞き終えない内に、クァイーダと共に退出した。
だが、ジラの心には確りと先の言葉が刻まれた。

――君は将来、組織内の重要な地位に就くだろう。
――そして必ず、予知魔法を頼る。

マキリニテアトーの予知は外れない。
魔導師会にとっては、利用価値があるだろう。
シャンリーの様に彼の予知を有効活用すれば、重大な危機を未然に防げるかも知れない。
それでもジラは彼を頼りにはしないと決めた。
一時の感情で意地になるのは良くないと思いながらも、今は予知通りになって堪るかと言う、
反抗心の方が勝った。
後に心変わりするかも知れないが、今は感情の儘に振る舞いたかった。
ロスト・スペラー 17 [無断転載禁止]©2ch.net
100 :創る名無しに見る名無し[sage]:2017/10/13(金) 19:46:19.64 ID:vjfG47A2
沈黙して険しい顔をしているジラに、クァイーダは謝罪する。

 「……御免なさい」

 「何で謝るんです?
  何を謝る事がありますか?
  何か『私に』謝らなければならない事があるんですか?」

ジラは酷く不機嫌で、苛立った口調でクァイーダを責めた。
親衛隊の先輩後輩と言う間柄を弁えない、無礼な振る舞いと承知で、敢えて怒りを露にしていた。
クァイーダは静かに弁明する。

 「シャンリーの事……。
  私なら彼女を止められたかも知れない。
  ……止めていたとしても、止められなかったかも知れないんだけど」

 「でも、シャンリー班長が自分で決めた事なんでしょう?
  クァイーダさんはシャンリー班長とは、私より長い付き合いで、だから……」

全てを理解して、シャンリーの行動を止めなかったのではないのかと、ジラは言いたかった。
それならば、謝る必要は無い。
気分の悪い思いをさせたと言う事で謝っているなら、それは筋違いだと。
所が、クァイーダは意外な言葉を口にする。

 「私は彼女の友人として、十分な役目を果たせなかったかも知れない。
  シャンリーは外道魔法使いのマキリニテアトーに頼るより、自分が予知魔法使いになった方が、
  確実だって言ってた。
  彼の機嫌を伺って、気紛れに振り回される事も無くなるって。
  私は当然、それを上に報告した……けど、回答は無かった……。
  肯定も否定もされなかったと言う事は、『関知しない』と言う事。
  私は私の判断で、彼女を止めなかった。
  止めても良かったのに、そうしなかった」

今更そんな懺悔をされても困ると、ジラは首を横に振る。

 「私に言われても……」

 「御免なさい、どうしても告白せずには居られなかった」

クァイーダは俯いて黙り込む。
シャンリーが自殺した謎は解けたが、ジラの心には大きな痼が残る事となった。
ロスト・スペラー 17 [無断転載禁止]©2ch.net
101 :創る名無しに見る名無し[sage]:2017/10/13(金) 19:50:02.78 ID:vjfG47A2
御存知

「存じる」は「知る」の謙譲語で、これに「御」を付けて尊敬語の意味で「御存じ」と言うのは、
現代国語的には間違いなのですが、歴史的には相当古くから使われている様です。
そこで尊敬語と謙譲語を区別する為に、尊敬語に限って「存知」を当てるのは、
個人的には良いと思います。
「存知」にも「知っている」、「理解している」の意味があり、然程違和感はありません。
「お披露目(お広め)」、「目出度い(愛で甚い)」、「数寄(好き)」、「出鱈目(出たら目)」、
「見栄」等と似た様な物だと思えば良いんじゃないでしょうか?
又、「知」の読みが「ぢ」になるのは、「下知(げぢ)」の例があります。
他、「下知(しもぢ)」、「文知(もんぢ)」等、固有名詞にも「知」を「ぢ」と読ませる例があります。
「知」の訓読みは「しる」、「しり」なので、「薄知(うすじ)り」、「生物知(なまものじ)り」、
「日知(ひじ)り」等、「し」に濁点が付いて「じ」になる例もあります。


※このページは、『2ちゃんねる』の書き込みを基に自動生成したものです。オリジナルはリンク先の2ちゃんねるの書き込みです。
※このサイトでオリジナルの書き込みについては対応できません。
※何か問題のある場合はメールをしてください。対応します。