トップページ > ラブライブ! > 2018年04月17日 > w6QlFN+V

書き込み順位&時間帯一覧

10 位/2636 ID中時間01234567891011121314151617181920212223Total
書き込み数200000000000000000000002931


使用した名前一覧書き込んだスレッド一覧
名無しで叶える物語(しか)
梨子「スクールアイドルをやりましょう!!」
SS総合
【SS】 リリーのアトリエ

書き込みレス一覧

梨子「スクールアイドルをやりましょう!!」
861 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 00:10:40.68 ID:w6QlFN+V
乙です、待ってるのです!
SS総合
617 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 00:21:01.37 ID:w6QlFN+V
一年後しに誤字が見つかることもある
【SS】 リリーのアトリエ
640 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:25:39.71 ID:w6QlFN+V
 重大発表とリリーのお披露目会も終わり、梨子ちゃん達はそのまま酒場で昼食をとることにします

 酒場の看板娘という役職(?)から町長代理へとクラスチェンジした花丸ちゃん
 もう以前のような華やかに料理を運ぶ姿は見れないのかなと、梨子ちゃんは少し寂しくなりましたが…


花丸「ピルツ定食おまちどう〜ずらっ」シュタッ

梨子「あれー?」


 そこにはいつもの割烹着姿の花丸ちゃんがいました


鞠莉「やっぱりその姿が一番キュートね」

花丸「ありがとずら〜」

梨子「あれ、いいの? 花丸ちゃん」

花丸「町長代理の事を言ってるのなら、それは勿論ちゃんと務めるし、本業も疎かにしないずらよ」

絵里「それ本業だったんだ」
 
【SS】 リリーのアトリエ
641 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:26:32.74 ID:w6QlFN+V
花丸「まぁ今までのように毎日来れるわけではないけど、ここが一番の情報収集源なのはかわらないし」

梨子「そうなんだ。ちょっと安心」

花丸「これからもご贔屓によろしくずら」


 三人がそれぞれ昼食をすます頃、曜ちゃんが酒場にやってきました
 それに合わせて花丸ちゃんもお仕事を休憩し、合流します

 今日のもう一つの目的。それはこれからの対応策についてです


曜「団長捕まらなかった……」

絵里「あれだけの事件だもの、事後処理もまだまだあるんでしょ」

鞠莉「組織って大変そうね〜」

梨子「軽いですね」
 
【SS】 リリーのアトリエ
642 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:28:21.64 ID:w6QlFN+V
 犯人の目的、狙っている相手、用いる手段。これらから推測できる次の展開を予想します


絵里「つまり狙われていたのは高海さんで、別の目的で探しているのが高坂さんって事?」

梨子「不明瞭な部分はまだあるんですけど、何か答えを当てはめていくのならそうなるかなーと」

鞠莉「チカっちが目覚める事を良しとしない状況、存在。可能性とするなら一つしかないわね」

梨子「はい。チカちゃんが穂乃果さんの居場所を知っていて狙っているとするなら、犯人にとってそれは障害です」チカッチ?

曜「じ、じゃあ千歌ちゃんに呪いをかけた相手は今回の犯人とは別ってこと?」

絵里「そうでしょうね。そもそもそんな面倒な呪いを行使できるならもっと違う手段もとれたはずだわ」

花丸「そして穂乃果ちゃんが現在いるところは誰も知らない。唯一知っているかもしれないのが……」


曜「団長……」


梨子「私は団長さんの事は良く知らないのだけど、知っている可能性はありそうなの?」

曜「いや、正直私にもよく……」

花丸「あの人、穂乃果ちゃんと接点あったかな?」

鞠莉「それはそのうち戻ってきてから直接聞けばいいんじゃない?」
 
【SS】 リリーのアトリエ
643 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:29:17.52 ID:w6QlFN+V
梨子「では次にチカちゃんの事だけど……」

曜「狙われているなら警備とか強化したほうがいいんじゃないかな?」

花丸「そうずらねぇ……」


梨子「それなんだけど、犯人ってこの町の構造にあまり詳しくないのかもしれないって思うんだけど」

鞠莉「それ以前に、本人が直接この町に来ているのかどうかも怪しいわね」

曜「え、どういう意味?」

絵里「モンスターを操っているのはもうあきらかとして、黒澤家の人間を使っての伝令工作、これも少し回りくどいわよね」

花丸「ダイヤさんを町から遠ざけたかったって推理はどうなったずら?」

梨子「それはそうだと思うけど、具体的な目的と手段が噛みあってない気がするの」

曜「んー……こんがらがってきた」


梨子「そもそも、いくつか目的があったとして、どうしてそれらを一度にする必要があったのか……」
 
【SS】 リリーのアトリエ
644 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:30:31.39 ID:w6QlFN+V
花丸「穂乃果ちゃんの確保と千歌ちゃんという障害の排除はイコールじゃないずら?」

梨子「犯人は穂乃果さんの居場所を知らないし、探し出すことも困難なのかもしれない」

絵里「あれだけ使役できてるわりにはって気もするけどね」

梨子「モンスターの群れは単純な命令でしか動いていないと思いますし、騒ぎを大きくして混乱に乗じてという要素もあったと思います」


鞠莉「つまり、犯人にとっても今回の襲撃は念入りに準備したもの、まさに一発勝負の大一番ってワケね」

絵里「障害の排除と対象の確保、あるいは居場所の特定……同時にする意味であるとすれば…」

梨子「穂乃果さんを隔離、あるいは所在を隠している人に悟られたくなかった事も考えられます」

花丸「千歌ちゃんになにかあったら事情に詳しい人ならそのまま穂乃果ちゃんの事も連想するずらね」

曜「そうなったら、穂乃果さんへの警備……この場合は…えっと……」

梨子「より警戒するために隠匿工作が強められるかな」

絵里「まあ、そうなるわよね」
 
【SS】 リリーのアトリエ
645 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:31:14.95 ID:w6QlFN+V
梨子「でもこの二つと黒澤家の事はよくわからないんですよねぇ…」

鞠莉「そういえばさっき頭領と何か話してなかった?」

花丸「うん。挨拶ついでにダイヤさんやルビィちゃんの事を聞いたけど、家で稽古しているとだけ……」

絵里「あの人がルビィの処遇を簡単に済ませるなんて想像つかないけど」

梨子「そうなんですか?」

鞠莉「私も仕事で話す機会があったけど、堅物の見本みたいな人ね」

花丸「ルビィちゃんの罪はちゃんと償ったのに…」


梨子「罪は罪として償った。後は家庭の……躾の問題ってことなんじゃないかな」


鞠莉「簡単に口は挟めない問題ね」

花丸「ぅぅ…………」
 
【SS】 リリーのアトリエ
646 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:32:26.25 ID:w6QlFN+V
絵里「それで、梨子が話したという犯人についてだけど…他には何かある?」

梨子「言葉は丁寧でしたけど、相当くやしそうでした」

鞠莉「またくるって宣言してるくらいだし、しつこそうよね〜」

曜「え、じゃあすぐに防衛対策しないと!」

梨子「んーでも、さすがにすぐにはこないと思う」

花丸「何か言ってたずらか?」


梨子「これだけ用意周到に計画した不意打ちだらけの作戦が失敗したんだから、次は根本的なとこから変えてくるかなって」

絵里「直後はしばらく警戒態勢だったけど、むこうもそうとうの痛手だったんでしょ」

鞠莉「こちらも狙われているという意識でいる限り中途半端なマネは出来ないからね」

曜「そうか、向こうも今度はこっちが千歌ちゃんを守ってくるのはわかってるんだ」

梨子「それでも最優先が穂乃果さんみたいだから、もしかしたらそっちに集中する可能性もあるよ」


花丸「んー、結局マル達はどうすれば……」


絵里「しばらくは町の復興に専念して、日常を取り戻すことね」

花丸「それでいいずらか?」

鞠莉「人に直接干渉してくるトロイヤの丸薬は私のほうで対策してるから、もう少し待ってね」
 
【SS】 リリーのアトリエ
647 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:33:49.41 ID:w6QlFN+V
曜「こっちから何かできるとしたら、やっぱり穂乃果さんを見つけ出すことかな?」

梨子「んーどうなのかな」

絵里「もし団長さんが必死に隠している事なのだとしたら、下手に探るとこっちが危険になるかもしれないわよ」

鞠莉「まぁ軽く話題にだしてみて、反応を見るしかないわ」

曜「ぅぅ……団長………」


花丸「犯人だけでも手ぇいっぱいなのに団長問題もでてくるずらか……」

梨子「個人的には黒澤家も気になるけど」

鞠莉「お家の事情には外野がどうこう言うべきじゃないわよ」


梨子「んー……襲撃の時、犯人の目的の一つになっている気がして、どうにも……」

花丸「そっちはこれからマルのほうで調べてみるずら」
 
【SS】 リリーのアトリエ
648 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:34:49.58 ID:w6QlFN+V
絵里「とりあえず敵が錬金術士である以上、こっちで対抗できるのは今のところ私達だけね…」

曜「力押し的な部類なら自警団もやれるんだけど、頭使うのは苦手〜」

鞠莉「ふふ、曜も勉強してみれば才能あったりするかもよ?」

曜「えー無理無理、本を読んだことあるけどあれは絶対無理だよ〜」


花丸「錬金術かぁ………」


鞠莉「あら、興味がでてきたの?」

花丸「マル自身はもとより適正となる魔力がないから無理ずら。それよりもっと気軽にみんな学べたらいいなって」

絵里「オトノキアカデミーのように?」

花丸「あの規模ほどじゃないにしろ、学校みたいなのはあると良さそうだなって思って」


梨子(学校か………)
 
【SS】 リリーのアトリエ
649 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:36:13.12 ID:w6QlFN+V
花丸「さて、あんまり時間かけても現状できることは変わらないずらね」ガタッ

曜「あ、私もそろそろ役場の交代勤務の時間だ」

鞠莉「あいかわらずなんでも屋やってるのね」

絵里「私も帰って作業に戻ろうかな」


梨子「花丸ちゃん、津島工具店行こう!」

花丸「わかってるずらよ」

鞠莉「やけに嬉しそうね、何かあるの?」

梨子「花丸ちゃんが好きな器具を二つ買ってくれるんです。今回の報酬のようなもので」

絵里「そういうところはしっかりしてるのね」

梨子「まだまだ必要な器材も生活用品も足りないものはたくさんあるんです! 貰えるものならなんでもいただきます!」グッ

花丸「たくましいずら」
 
【SS】 リリーのアトリエ
650 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:37:07.31 ID:w6QlFN+V
梨子「じゃあさっそく行くずら〜♪」

花丸「マルの癖をマネしないでずら〜」

鞠莉「ふふ、仲いいわね」


梨子「……あ、そういえば」ピタッ


花丸「なんずら?」

梨子「犯人の錬金術士さん、なんだか特徴的な話し方をしていたなって」

鞠莉「話し方?」

絵里「どういうの?」


梨子「やんわりした口調で、なになにやね〜とか、なになにやわーって、方言……なのかな?」


絵里「…………え?」ドキッ

鞠莉「ん?」

花丸「?」
 
【SS】 リリーのアトリエ
651 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:38:32.71 ID:w6QlFN+V
 -津島工具店


善子「よくきたわねっ!」ビシッ

梨子「善子ちゃんこんにちはっ!」

花丸「お買い物にきたずらよー」

梨子「買うものはもう決めてあるからね、えっと……」


善子「それはいいけど梨子、あなた早くルナスタッフ返しなさいよ」

梨子「え?」ドキッ

善子「あれも立派な売り物なのよ、けっこう高いんだから」

梨子「………あれは、浄化作戦の時に……こ、壊れちゃって」

善子「あらそうなの。ん、じゃあ弁償してくれるのね?」

梨子「弁………」

花丸「あいかわらずそういうところ細かいずらね……」

善子「だから生活かかってるって言ってるでしょ!」
 
【SS】 リリーのアトリエ
652 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:39:33.24 ID:w6QlFN+V
梨子「ち、ちなみにおいくらでしょうか……?」ドキドキ

善子「ん……」スッ


梨子「」ゾワワッ


花丸「ボッタクリじゃないずらかこれ?」

善子「なんでよっ、あれすごい精密構造で手間かかってるやつなのよ」

花丸「一本くらいあげてもバチはあたらないずらよ」

善子「他の物なら多少はいいけど、あれ仕入れがあがらないと赤字なのよ……」
 
【SS】 リリーのアトリエ
653 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:41:36.21 ID:w6QlFN+V
梨子「ん、わかりました!」

花丸「梨子ちゃん……」

梨子「じゃあ花丸ちゃん、一つはルナスタッフを買ってください!」

花丸「マルの報酬で片付けるずらね……まぁいいけど」

善子「毎度あり〜♪」


梨子「もう一つは多機能ガラス器具セットをお願いします」

花丸「おぉ、あの棚の上でずっとホコリかぶってるやつずらね、いくらずら?」

善子「ん……」スッ


花丸「」ゾワワッ
 
【SS】 リリーのアトリエ
654 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:43:10.91 ID:w6QlFN+V
 目的の物が一つ変わりましたが梨子ちゃんは今回の報酬を無事頂きました

 工具店を出たところで梨子ちゃんは花丸ちゃんにもう一か所行きたいところがあると告げます
 それはこの町に住む一人として、新たに生まれた気持ちを確認するためでもある場所でした


梨子「突然ごめんね」

花丸「ううん、ちょっと嬉しいずら」


 -ヌマヅ共同墓地


 梨子ちゃんが訪れたのは、先の事件で亡くなった方のお墓
 町にきてまだ間もなかった頃は、どこか他人事のように意識していた部分もありました

 しかし今はヌマヅタウンに住む一人として、お墓参りをしたいと思ったのです
 
【SS】 リリーのアトリエ
655 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:44:19.98 ID:w6QlFN+V
花丸「あれ…‥新しい花がある」

梨子「先に誰か来ていたんだね」


 墓前には新しい花束が供えられていました
 その横に梨子ちゃんも花屋さんで購入したものをお供えします


花丸「あ、ごめん梨子ちゃん。マルこの後用事があるから先に帰るずら」

梨子「うん。今日はありがとう」

花丸「一人で帰れる?」

梨子「少しいけば知ってる通りにでるから大丈夫だよぅ」

花丸「また迷子になっても誰かが助けてくれるずら」

梨子「んもぅ…」
 
【SS】 リリーのアトリエ
656 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:45:19.83 ID:w6QlFN+V
 花丸ちゃんと別れた梨子ちゃんは、墓前で一人…ある決意をします


梨子「………………」


 それはこの町の住人として、もしも何かあった時には全力で立ち向かう事
 町のみんなと協力して守り抜く事。二度と被害者をださないようにできる事を最大限に努める事


梨子「ここはもう、私が住む町だから……」


 大好きな町を守りたい。卒業試験のためだけじゃなく、一人の住人として、錬金術士として
 
【SS】 リリーのアトリエ
657 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:46:15.84 ID:w6QlFN+V
 お墓参りを済ませた梨子ちゃんはアトリエに帰ろうと歩き出します
 しかし初めて訪れる共同墓地。少しいけば知っている通りにでるはずでしたが……


梨子「あれぇ?」


 その少しの間で案の定迷子になってしまいました


梨子「さっき花丸ちゃんがあのお店がどうとか行ってたからそっちに気を取られて…えっと」


 誰も聞いていない言い訳をしながらトボトボ歩く梨子ちゃん
 いつもならこの辺りで町の人に助けられますが、今日は違いました


 


??「そこのお嬢さん」

梨子「え?」
 
【SS】 リリーのアトリエ
658 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:47:06.60 ID:w6QlFN+V
 声をかけてきたのは若い女性……かと思われる人物
 全身すっぽりと黒いローブに身を包み、フードで顔も良く見えません


??「そうそう、あなた」

梨子「えと、なんでしょう?」

??「よかったら、占いやっていかへん?」

梨子「占い?」


 その女性は小さなテーブルに水晶球とタロットカードを用意していました
 どうしてこんなところでと思いますが、どこか占いという部分での雰囲気はあります


??「なにかお困りのよーやねぇ、道にでも迷ったんかな?」

梨子「あ、はい……お恥ずかしながら……」

??「ふーん、そう。じゃあちょっと占ってあげよう」

梨子「あ、でも私今持ち合わせが……」
 
【SS】 リリーのアトリエ
659 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:48:22.34 ID:w6QlFN+V
??「初回サービスで一回タダにしてあげる」

梨子「は、はぁ……」

??「何を占って欲しいん? 正解の道? これからの人生?」

梨子「じ、じゃあ……えっと……」


 梨子ちゃんは女性に近づくと、ローブごしに相手の顔をじっと見つめます
 そして、一言口にしました


梨子「あなたを捕まえるにはどうしたらいいですか?」

??「………………」
 
【SS】 リリーのアトリエ
660 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:49:09.80 ID:w6QlFN+V
??「うちを捕まえるんかあ……難しいなぁ…」

梨子「占いでも正解はわかりませんか?」

??「そもそもどうしてうちなん?」


梨子「どうしてって……その声と口調でわからないはずないし、そもそも隠す気もないですよね?」

??「そーやねー、キミならわかるかな〜って思ってたんよ」

梨子「いつもここで占い屋さんをしていたんですか?」

??「ううん、ただの気まぐれ。さすらいの占い師や」

梨子「私に会いに来たんですか?」

??「うちの計画をあれだけ邪魔してくれた子に、一度会っておこうと思ってね」


梨子「随分と余裕なんですね」
 
【SS】 リリーのアトリエ
661 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:50:20.63 ID:w6QlFN+V
??「そんなことあらへんよ……もうカツカツやわ」

梨子「なら素直に自首でもして、ゆっくり休めばいいと思います」

??「それはできないかな〜」

梨子「穂乃果さんを取り戻すためですか?」

??「そうや」

梨子「一体穂乃果さんというのはどういう人なんですか?」


??「何も特別な事はない、一人の女の子……」


梨子「あれだけの事をしておいて目的が普通の子だっていうのはちょっと……」

??「ううん、普通の子。ただ、誰よりも優しい子……うちはあの子を助けたいねん」

梨子「…………」
 
【SS】 リリーのアトリエ
662 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:51:42.39 ID:w6QlFN+V
??「キミこそうちを前にして随分余裕やない?」

梨子「ちゃんと驚いてますよ。まさかこんなに早く接触があるとは思っていませんでしたし」

??「その割に何もしようとしないんやね」

梨子「どうせ捕まえようとしたって、いくらでも逃げる準備はできてるだろうし」

??「まぁ、そうやね」

梨子「それに私、貧弱なんです。力づくとかそういうのには無縁なので」

??「そんな事うちにバラしてもいいん? いちおう敵という認識なんやろ?」

梨子「でも、あなたは余計な被害はだしたくない……そう考えてますよね…」


 

梨子「東條希さん」


??「…………」
 
【SS】 リリーのアトリエ
663 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:52:42.24 ID:w6QlFN+V
梨子「エリー先輩が言っていました。アカデミーでは同期だったそうですね」

??「…………」

梨子「いつも誰かのために行動する、とても心優しい、言うなれば聖母のような人だって」


??「エリチったら、恥ずかしい表現してくれるわぁ……」


梨子「それがどうして……」

??「そんな昔の事で、キミが安全であるという保障にはならないよ?」

梨子「いいえ、あなたは優しいですよ、東條さん」

??「……?」
 
【SS】 リリーのアトリエ
664 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:53:56.91 ID:w6QlFN+V
梨子「うっすらとあなたからまだ感じるこの香り……墓前にあった花と同じものです」

??「………………」


梨子「どうして……被害がでるかもしれないってわかって……それで心を痛めてまで……」

??「ふふ、なんのことかわからんけど……キミは怖いなぁ」

梨子「私を本当にどうにかするつもりならとっくにやってます」

??「そんな風になんでもうまくいけば、うちもキミもここにはおらんよ……」

梨子「…………」


??「んー…実を言うと、キミだけは話次第で仲間になってくれるかもって思ったから接触したんよ」


梨子「どうして私なんですか?」

??「仲間にするなら錬金術士がいいのと、他の二人は絶対に動かんのわかってるし…」
 
【SS】 リリーのアトリエ
665 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:55:08.06 ID:w6QlFN+V
梨子「えっと、なにかバカにされてるようなので言っておきますけど…」

??「ん?」

梨子「私も他のみんなと同様、あなたを許すつもりなんてありません。絶対にいつか捕まえてみせます」

??「……………」

梨子「確かに私はすべての事情を知っているわけではないです。だけど例え知っていてもあんな方法は取らない」

??「……………」

梨子「穂乃果さんにどんな事情があっても、チカちゃんに何があったのかわかっていても、あなたは間違っています」


??「……………そうか」


梨子「どうせこれ以上何を言っても自首なんてしないだろうから、先に宣戦布告です」

??「それはうちも同じや」
 
【SS】 リリーのアトリエ
666 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:56:16.74 ID:w6QlFN+V
梨子「東條希……私達はかならずあなたを捕まえます。そしてすべてを話してもらいます」

??「うちもかならず穂乃果ちゃんを取り戻す。例えこれ以上の犠牲をだしたとしても、止まらないよ」


梨子「…………」

??「…………」


??「うちがここで心変わりして攻撃してくるとは思わない?」

梨子「きたらきたで、私は護身用にフラム等を持ち歩いていますから」サッ

??「…………ふふ、ほんま怖いわ〜」

梨子「…………」
 
【SS】 リリーのアトリエ
667 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:57:31.67 ID:w6QlFN+V
??「じゃあそういうことで、うちは帰ろうかな」

梨子「あなたはこの町に住んでいるの?」

??「いーや、用事があったから今日初めてちゃんと町をうろついたんよ…」

梨子「いつもはどの辺りに?」

??「さぁ……だいたい放浪してるからなぁ」

梨子「次はいつ襲撃する予定です?」

??「んーと……ってなんでもかんでも答えへんよ」

梨子「……ノリで答えるかなーと」


??「ふふ、やっぱりキミは怖い子やわ。名前、教えてくれる?」

梨子「……………」
 
【SS】 リリーのアトリエ
668 :名無しで叶える物語(しか)[sage]:2018/04/17(火) 23:58:54.28 ID:w6QlFN+V
??「名前が知られると呪い殺されるとでも思ってる?」

梨子「近いことはありそうかなと…」

??「そんなんできたら今ごろ他の子にも使ってるよ。小原鞠莉ちゃんにも、高海千歌ちゃんにも……」

梨子「……………」

??「ま、言いたくないならいいけど」


梨子「リリーです」


??「ん……」

梨子「アトリエやってます。錬金術士のリリーです」

??「そう……リリー、またそのうちな……」スッ

梨子「あ、まって! まだ聞きたい事が…!」


??「うちは東條希。気軽にのんたんって呼んでくれてえーよー……」スゥー


梨子「まっ………………」


 事件についての謎を聞き出すチャンスでしたが、もうのんたんはいませんでした
 ついでに梨子ちゃんは帰り道も聞きそびれてしまいました
 


※このページは、『2ちゃんねる』の書き込みを基に自動生成したものです。オリジナルはリンク先の2ちゃんねるの書き込みです。
※このサイトでオリジナルの書き込みについては対応できません。
※何か問題のある場合はメールをしてください。対応します。