トップページ > ラブライブ! > 2018年01月13日 > QGoX2Pgv

書き込み順位&時間帯一覧

10 位/5022 ID中時間01234567891011121314151617181920212223Total
書き込み数0000000000000001987418023575


使用した名前一覧書き込んだスレッド一覧
名無しで叶える物語(もんじゃ)
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」

書き込みレス一覧

次へ>>
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
1 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:10:22.02 ID:QGoX2Pgv
テスト
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
2 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:10:56.67 ID:QGoX2Pgv
梨子「……無料モニター実施中。女性マッサージ師による安心の癒し空間」

梨子「うん……チラシの通り」

梨子「すごくおしゃれなお店……」

梨子「こ、こんな高級そうなところでタダでマッサージを受けられるってことかな」

梨子「あ……エステコースもあるんだ……やってみたいかも」

梨子「最近ピアノのせいで肩こってるし……」

梨子「ゴクリ……うん、はいってみようかな」

梨子「てか来ちゃった以上入らないと無駄足だよね!」

梨子「……よし」

ウィーン


梨子「あのー」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
3 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:11:55.67 ID:QGoX2Pgv
千歌「はーい! いらっしゃいませー!」

梨子「無料の……モニターがあるって聞いたんですけど」

千歌「えっ、あ? 無料モニターね」

梨子「はい……」


千歌(うわー、めんどくさいなー。これ宣伝にはなるけど全然儲からないんだよねー)

千歌(むぅ…)

千歌(予約いっぱいなことにして断ろうかなー)
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
4 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:12:54.24 ID:QGoX2Pgv
千歌(……ん? でもよく見たらこのお客さん相当可愛いっていうか……)

千歌(美人さん……)

千歌(OLさん……いや大学生かな?)

千歌(えへ、えへへ、いい感じかも)


梨子「ど、どうかしました? だ、だめなら帰ります……」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
7 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:14:01.04 ID:QGoX2Pgv
千歌「いやいやいや! もちろんどうぞ! 是非当店自慢のマッサージエステをうけていってください!」

梨子「お、お願いします!」

千歌「私は今回マッサージを担当させていただく高海千歌ですっ!千歌先生って呼んでね!」

千歌「それじゃあ準備してくるから、そこのソファ座ってこの問診票を書いてくださーい」

梨子「あ、はい」

千歌「と、はい。お茶どうぞ! 当店自慢のハーブティーです! 体の中からも綺麗になりましょう!」

梨子「ありがとうございます」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
8 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:15:36.00 ID:QGoX2Pgv
フワリ

梨子「うわっ、すごいふかふか……」

梨子「ほ、ほんとにただでいいのかな」キョロキョロ

梨子「緊張してきちゃた…」

梨子「えへへ……でもリッチになった気分かも」

梨子「ごくごく……お茶もおいし」

梨子「こんなのが無料でいいのかな?」

梨子「あとでお金請求されたりとか……」

梨子「……ごくごく」

梨子「……」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
9 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:17:48.81 ID:QGoX2Pgv
千歌「やっほー、準備できたよ!」

梨子「! あ、はい……」

千歌「緊張してる? 大丈夫大丈夫!きっときもちいよ! リラックスして!」

梨子「わかりました」


千歌(えへ、えへへへ、かわいーなぁ♥)

千歌(釣り目でキリっとした顔立ちなのにどこか不安げで)

千歌(とってもちか好みなのだ♥)

千歌(楽しみだなぁ……えへへへへへ)


梨子「千歌先生……でしたっけ? どうかしましたか?」

千歌「な、なんでもないよ!」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
10 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:18:50.33 ID:QGoX2Pgv
マッサージルーム

千歌「下着になってからこれを羽織ってね。できたら呼んで!」

梨子「わかりました」


梨子「すんすん……なんかこの部屋いい匂いする」

梨子「あ、着替えなきゃ」

梨子「んしょ、んしょ」ヌギヌギ

梨子「下着……みられちゃうんだよね……うわぁせめてもっと可愛いのにしてくればよかった」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
11 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:21:13.04 ID:QGoX2Pgv
梨子「千歌先生……綺麗な人だったなぁ」

梨子「お肌つやつやのすべすべで」

梨子「やっぱりエステティシャンって綺麗な人多いんだ……」

梨子「若いのにすごいなぁ……」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
12 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:24:36.97 ID:QGoX2Pgv
梨子「よし、あとはこれを羽織ってと」

梨子「……なんだか病人みたい」

梨子「うぅ……なんでこんなに地味なんだろ…」

梨子「せめてもう少し魅力的な女性になれればなぁ」

梨子「あ、着替え終わりましたー!」


千歌「はいはーい。……おお!」

梨子「な、なんですか?」

千歌(わわわ、足がスラっとしててすっごく綺麗な……///)

千歌「な、なんでもないよ!」

千歌「それじゃあそこのベッドに仰向けになってね」

梨子「は、はい」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
13 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:26:59.14 ID:QGoX2Pgv
梨子「……こ、これでいいですか」ゴロン

千歌「うん。頭はこの辺で」

梨子「はい」

千歌「それじゃあ早速はじめちゃうね?」

梨子「お願いします」

千歌「じゃあ腕のほうから失礼してと」

もみもみ

梨子「……ッ」

千歌「問診票には肩周りが凝ってるって書いてあったけど」

千歌「ずいぶん凝ってるねー。なにかスポーツでもしてるのー?」

梨子「いえ、スポーツじゃなくてピアノを少し」

千歌「ピアノ!」

梨子「えっ」

千歌「わー、梨子ちゃんピアノひくんだー! すごいね!イメージ通りだね!」

梨子「あ、梨子ちゃん……?」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
15 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:30:03.50 ID:QGoX2Pgv
千歌「うん、梨子ちゃんだよ?」

梨子「えっと……」

千歌「マッサージをうけてくれる人には親しくしたくって!」

梨子「そ、そうなんですか」

千歌「うん!」

千歌(嘘だけどね……てかお客さん全然こないし)

梨子「千歌先生は随分フレンドリーというか、おもしろい人ですね」

千歌「そっかなー」

もみもみ

梨子「ぁぅ……」

千歌「今日はしっかり凝りをとろうねー」

梨子「は、はい……」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
18 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:39:52.83 ID:QGoX2Pgv
千歌「もみもみ」

梨子「んぅ……肩のあたり」

千歌「きもちい?」

梨子「とっても……ふぁ」

千歌「えへへ。嬉しいな」

梨子(これは…すっごくしあわせー…)トロン

千歌「じゃあ次は足ね」

梨子「あ、はい」

千歌「ピアノやってると下半身も力使ったり?」

梨子「そうですね。下半身がちゃんとしてないと、姿勢が悪くなっちゃうので」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
19 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:46:57.89 ID:QGoX2Pgv
千歌「いつごろから弾いてるの?」

梨子「うーん、小学校に入る前には始めてました」

千歌「すごいすごい!じゃあもしかして職業はピアニストさん?」

梨子「そ、そんなんじゃないです///まだ高校生ですから///」

千歌「えっ?」

梨子「えっ?」

千歌「梨子ちゃんって高校生なの?」

梨子「そうですよ?高校2年です」

千歌「…」チラッ

千歌(あっ、ちかとしたことが、問診票に17歳って書いてあったのだ)

千歌「そっ、そーなんだ…えへっ…えへへへへ///」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
20 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:47:39.82 ID:QGoX2Pgv
千歌「かわいーよー梨子ちゃん♥」

梨子「なっ///かわっ///」

梨子「こっ、こんなに地味なのに、お世辞なんていいですよぉ///」

千歌「えー、かわいーのにぃ」

もみもみ

もみもみ
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
24 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:54:15.38 ID:QGoX2Pgv
千歌「やっぱり足も凝ってるねー」

千歌「毎日頑張って練習してるんだね」

梨子「はい…」

千歌「足細くてうらやましいなー」

梨子「千歌先生も細いと思います…」

千歌「えー? そっかなー、えへへへ」

もみもみ

梨子「あ、そこ。ふくらはぎのあたりきもちいです」

千歌「でしょ?」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
25 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:55:17.22 ID:QGoX2Pgv
梨子「千歌先生の手……あったかくてほんとにきもちいぃ……」 トローン

千歌「お?」

梨子「い、いえ!////」

梨子(うわぁ、口にでちゃったよぉ///)

千歌「むふふ」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
26 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:57:18.04 ID:QGoX2Pgv
梨子「あの、先生……さっきからなんかにやにやしてません」

千歌「え!? き、きのせいだよぉー」

梨子「……そうかな」

千歌「気のせいなのだ」キリッ


千歌(ふー、危ない危ない)

千歌(そんなににやけてたかなー、そりゃあこんなに可愛い子はじめてだもん)

千歌(興奮がおさまらないのは当然だよね!)
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
27 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 15:59:22.29 ID:QGoX2Pgv
梨子(キリっとしてると案外かっこいいかも……?)

梨子(なんとなく幼い雰囲気もあるけど……甘えたくもなるような?)

梨子(頼れる大人の女性って感じ……いいなぁ)
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
29 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 16:03:46.10 ID:QGoX2Pgv
千歌「そろそろエステにはいるねー」

梨子「あ、はい」

千歌「いまからね。この当院特性のローションを体に塗っていくからね」

梨子「はい」

千歌「あ、大丈夫ちゃんと温めてあるからねー」

千歌「あとそれ。羽織ってるの脱いでくれる?」

梨子「え? あ、そうですね。わかりました……///」

スルスル

梨子「うっ……恥ずかしい///」

千歌「だいじょぶだいじょぶ。女同士だし♥」

梨子「……」

千歌「ね? 安心して?」

梨子「はい……まぁ下着くらいなら……」

スルッ
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
31 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 16:08:10.72 ID:QGoX2Pgv
梨子「脱ぎました///」

梨子(うぅ……でもやっぱり恥ずかしいかも)

千歌「はい、こっちでそれ預かるね」

千歌(むっふふー♥ 上下そろって綺麗なピンクに白の水玉!)

千歌(むふふふ、水玉はいいなぁやっぱり)

梨子「あの……先生……ジロジロみないでほしいです……///」

千歌「ノンノン! 私レベルになると体を見ただけでどこに疲労がたまってるかわかるのです!」

梨子「そ、そうなんですか!?」

千歌「はい! もちろん! それではお腹から♥いきまーす」

千歌「手にローションをとって……うんしょ」ヌチャヌチャ

ニュルッ

梨子「ふにゃっ!?」

千歌「あったかいでしょー」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
34 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 16:11:45.87 ID:QGoX2Pgv
千歌「ぬーりぬり」

梨子「あう……なんかいい香りが」

千歌「でしょでしょ? 当店自慢でございます!」

梨子「ふぁ……」

千歌「お肌すべすべつやっつやになるよー」

梨子「千歌先生もいつもつかってるんですか?」

千歌「え? ううん。私はなんにもー」

梨子「すごっ! それでそんなに……」

千歌「そんなに?」

梨子「い、いえ。綺麗だなと……」

千歌「えへへっ。ほめてもなにもでないよー」

ヌルヌル もみもみ
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
35 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 16:21:28.54 ID:QGoX2Pgv
千歌「これで腰のくびれもぐっとよくなるよ」

梨子「ほ、ほんとですか!」

千歌「ほんとほんと。あと梨子ちゃんはもうちょっと肉付きよくなったほうがいいけどね」

梨子「うっ……なかなかうまくいかないもので」

千歌「……むふふ」

梨子「千歌先生はいまおいくつですか?」

千歌「え? それは当店最大の ひ み つ !」

梨子「で、ですよね」

千歌「でも実は梨子ちゃんとそんなにかわんないよ」

千歌(同い年どころかひと月しか違わないなんてびっくりだよ)

梨子「えっ」

梨子(そ、それなのにこの包容力……! お店の照明とかのせいかな)

千歌「チカのマッサージエステで梨子ちゃんも魅力的になれるよー」

梨子「う、嬉しいです///」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
37 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 16:24:52.06 ID:QGoX2Pgv
千歌「っと、お腹まわりはもういいかな」 ニチッ

梨子「んっ♥」

梨子「…次は?」

千歌「梨子ちゃん。上、とっちゃおうか」

梨子「ふぇ?」

千歌「ブラジャー脱いでくれる?」

梨子「えっ……それは///」

千歌「このままやるとすごくべたべたになっちゃうよ」

梨子「そ、そうですけどぉ///」

千歌「それにひっかかってやりづらいし」

梨子「……うっ……む、胸のほうもやるんですか?///」

千歌「しない? 胸がおっきくなる効果もあるんだけどなぁ♥」

梨子「…………や、やります」

千歌「むふふ♥」

梨子「脱ぎますからちょっと後ろ、向いててください」

千歌「恥ずかしがり屋さんだね♥」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
38 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 16:27:40.51 ID:QGoX2Pgv
梨子「……」スルスル

梨子(こんな貧相なの見られるのヤだなぁ///)

梨子(でも千歌先生は優しいし……きっとバカにしたりしない、よね)

梨子(うん。おっきくなりたいし)パサッ

梨子「いいですよ///」

千歌「うむ! って手で隠さなくても」

梨子「だ、だってぇ……///」

梨子(やっぱり恥ずかしい///)

千歌「はい仰向けになって!手はここ」

梨子「……うぅう///」

千歌「いいの? 終わりにする?♥」

梨子「ヤ、ヤです……お願いします///」

千歌「じゃあ手どけないと♥」

梨子「……」スス

千歌「むふふ♥」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
39 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 16:33:53.68 ID:QGoX2Pgv
梨子(あぁ……おっぱいみられちゃってる///)

梨子(まだお母さん以外にみられたことないのに……)

千歌「ほほーう♥」

梨子「うぅ……////」

千歌「うむうむ♥」


千歌(か、かわいいいい! なにこの可愛いおっぱいー♥)

千歌(特別大きくはないけどお手頃サイズでスゴイ綺麗!)

千歌(さきっちょも淡いピンクでラブリーだね♥おいしそー♥)


千歌「すっごくいい形してるね♥梨子ちゃんのおっぱい♥」

梨子「そ、そうですかぁ……?///」

千歌「エステティシャンの私が言うんだから誇りに思いなさい!」

梨子「あ、ありがとうございます……?」 
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
43 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 16:59:29.01 ID:QGoX2Pgv
千歌「では失礼して#9829;」

サワサワ

梨子「ひゃっ#9829;」

千歌「だいじょうぶだよー」

梨子「う……///」

千歌「あったかいでしょー?」

梨子「はい……けどっ///」

千歌「私にまっかせなさい!」

梨子「信頼はしてますけど……はず……かし///」

千歌「あーんお顔隠さないでー#9829;ちゃんと腕のばして胸張ってよー#9829;」

梨子「うぅ……///」

千歌「私けっこう見慣れてるからさ#9829;」

梨子「……お願いします///」

千歌「うん#9829;」

もみもみ
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
49 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 17:20:29.34 ID:QGoX2Pgv
千歌「では失礼して#9829;」

サワサワ

梨子「ひゃ♥」

千歌「だいじょうぶだよー」

梨子「う……///」

千歌「あったかいでしょー?」

梨子「はい……けどっ///」

千歌「私にまっかせなさい!」

梨子「信頼はしてますけど……はず……かし///」

千歌「あーんお顔隠さないでー♥ちゃんと腕のばして胸張ってよー♥」

梨子「うぅ……///」

千歌「私けっこう見慣れてるからさ♥」

梨子「……お願いします///」

千歌「うん♥」

もみもみ
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
50 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 17:22:51.46 ID:QGoX2Pgv
梨子「んっ……ん♥」

千歌「……むふふ」

梨子「あぅ……♥」

千歌「おやー? どうしたのかなー?」

梨子「なっ……なんでもないです」

千歌「おやおやー? ちょっとピクピクしてない?」

梨子「し、してないですぅ///」

千歌「むふ……♥」


千歌(そう。そろそろ効いてきたみたいだね)

千歌(なんとあのお茶には、体を中からあっためる不思議なお薬は入ってたのです♥)

千歌(そしてこのローションにも当然……えへへ♥)

千歌(私、手でやってるだけでもきもちいくらいなのにね)

千歌(いっぱいきもちよくなって帰ってね梨子ちゃん)
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
51 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 17:27:40.88 ID:QGoX2Pgv
千歌「もみもみ。こうやって脇の下からなぞるように刺激するといいんだよ」

梨子「んっ……♥そこはっ、だめっ……♥」

千歌「脇下弱い? えへへ、だめでーす♥やめませーん♥」

ぬるぬる もみもみ

梨子「んにゃ……なんか、ぞわぞわ、ふわふわ…して…♥」

千歌「うんうん。きもちいのは悪いことじゃないよ♥」

梨子「きもちいい……ですかぁ?♥」

千歌「そう♥ 梨子ちゃんは気持ちよくなってきてるんだよ♥」

千歌「ここには気持ちよくなりに来てるんだからこれでいいのだ♥」

梨子「は、はいぃ♥」

千歌「ということでそろそろ……♥」

梨子「…?」

千歌「つん♥」

梨子「にゃあ!?///」

千歌「わぁ、ピクンってなったね♥」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
54 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 17:34:51.80 ID:QGoX2Pgv
梨子「そ、そこは……だめぇ……♥」

千歌「ちっちゃくてキレーな色してるねー♥かわい♥ ♥」

梨子「あう……だめですぅ♥」

千歌「でもね? この先っちょを刺激するとおっぱいおっきくなるんだよ?」

梨子「えっ? そ、そうなんですかぁ?///」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
56 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 17:42:10.08 ID:QGoX2Pgv
千歌「ちょっと敏感なところかもしれないけど、しっかり刺激をあたえていくからね♥」

梨子「えっ、あっ、ちょ♥」

千歌「ほれほれー」

クニクニ

梨子「ひうぅっ!♥」

千歌「もうすごくかたーくなってるよ。しかたないよねーきもちいんだから」

くりくり ぷにゅぷにゅ

梨子「にゃっ! だめぇっ、あう……」

千歌「つまんだりーはじいたりー軽くひっぱったりしたらいいんだよー」

ぐりぐり

梨子「あぅんっ♥んっ♥」

千歌「♪」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
58 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 17:50:43.90 ID:QGoX2Pgv
梨子「ひゃうっ、あう…♥…ど、どうしておんなじとこばっかりぃ♥」

千歌「……しそ♪」

梨子「ち、ちかせんせ?いまなんて」

千歌「ぷっくりしてて、おいしそ♥ ♥」

梨子「え!? ま、まって、だめでs」

千歌「いただきまー♥ ♥ ♥」

カプッ

梨子「んみゃううっ!?♥ ♥」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
59 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 17:55:11.31 ID:QGoX2Pgv
千歌「〜♪」チロチロ コロコロ

梨子「はっ、あっ♥だめぇ、なんで……♥」

千歌「こうやってやらかい舌をつかって繊細な刺激をあたえるのが大事なんだよ♥」

梨子「うっ、そんな……♥」

千歌「あとはこうやってぇ」

チュウウ

梨子「ふにゃあああっ♥」

千歌「吸引したりすると血行がよくなって発育を促します♥」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
65 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 18:23:23.56 ID:QGoX2Pgv
千歌「れろれろ♥」

千歌「はむはむ♥」

千歌「あ、そうだ空いたほうも刺激としかないと」

梨子「えっ、あ……♥」

もみもみ クニクニ

梨子「うううっ、あっ♥……にゃぁ♥……」

千歌「梨子ちゃんちくびきもちい?」

梨子「き、きもち……いです♥」

千歌「あむ、チュ……レロレロ」

梨子「んぁ♥ ひゃ♥ 吸っちゃだめぇ……♥」

千歌「おいしー♥ ♥」

梨子「あ、あの……その……このローションって口に含んでも大丈夫なんですか?」

千歌「うん! 無害だよ。いい匂いするよね!」

梨子「うん……♥」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
66 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 18:29:23.73 ID:QGoX2Pgv
千歌「まだまだつづくよー♥」

千歌「あむっ♥」

チュウウ

梨子「も、もういいでしょお?♥……ぁうっ♥」

千歌「ちゃんときもちよくなるまで!」

梨子「えっ、あっ、でももうじゅーぶんきもちいですって///」

千歌「おや? むふふ、さては梨子ちゃんは知らないんだ♥」

梨子「え? にゃっ、あ、だめですそんな強くしちゃ♥」

千歌「えい、えい、もっときもよくなって♥」

クリクリ グリグリ

梨子「うにゃっ、あっ♥……んっう♥」

千歌「もうあとちょっとかな♥、」

梨子「ひゃうううっ、だめぇ、あっ、なんかっ……だめ、変に♥」

千歌「あーん、梨子ちゃん丸まらないで♥ちゃんとあおむけ仰向け!」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
67 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 18:30:09.31 ID:QGoX2Pgv
梨子「うにゃっ、あっ、あっ♥」

千歌「くねくねしないで♥ 逃げちゃだぁめ♥」

クリクリ

梨子「で、でもっ、あんっ♥」

千歌「逃さないのだ♥ほれほれ♥」

梨子「あぁん♥だめでっ、あっ♥」

千歌「このままー  いっちゃうのだ♥」

グリグリグリグリ

キュウウウッ

梨子「にゃああああっ!!!♥ ♥ あっ、うにゃああああああああ!!!♥ ♥ ♥」

千歌「えへへっ、かわいー声だしちゃって♥」

梨子「にゃっ……ハァ、はぁ……あ……うぅ……♥」

千歌「どう? よかったでしょ?」

梨子「……は、はじめての……かんかくでした……ハァ、はぁ……♥」

千歌「にししし♥」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
68 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 18:31:13.49 ID:QGoX2Pgv
梨子「ハァ……すご……♥」

梨子「こ、これでおっぱいおっきく……なりますか?」

千歌「うんうん。ま、一回ぽっちじゃだめだけどね」

梨子「……そうですか」

千歌「ねぇ梨子ちゃん。もっともっと成長に効くマッサージがあるんだよ」

梨子「えっ?」

千歌「むふふ、してみる?」

梨子「……はい」

千歌「じゃあどうすればいいかわかるよね?」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
78 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 19:53:12.18 ID:QGoX2Pgv
梨子「え? わ、わかりません……」

千歌「へー? ほんとに?♥」

梨子「……す、すいません」

千歌「えへへ。パンツ、脱いじゃおっか?♥」

梨子「えっ……?////」

千歌「脱いじゃおうね?♥」ナデナデ
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
80 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 20:10:38.85 ID:QGoX2Pgv
梨子「ぁう……それはさすがに……///」

千歌「私の位置からだとよくわかるんだけどさ」

梨子「?」

千歌「もうぐしょぐしょだよね? パンツ♥」

梨子「えっ、あ……///」

千歌「これ以上汚したらだめだしさ。ね?♥」

梨子「……うぅ///」

千歌「おねがいっ♥ お客さんの衣服は汚しちゃうとだめなんだ♥」

梨子「千歌先生がそういうなら……///」

千歌「えへへ。いい子いい子。ありがと♥」

梨子「千歌先生の手……優しくてきもちーですし、信頼できるかなって……///」

千歌「そりゃあ梨子ちゃんのことを考えて、一生懸命してるから♥」

梨子「っ///……じゃあ脱ぎますね」

千歌「あ、まって、ローションつかないように私が脱がせてあげる」

梨子「うぇっ!?///」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
81 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 20:13:10.86 ID:QGoX2Pgv
千歌「はい、ゆっくり腰あげてー♥」

梨子「うぅ……」

千歌「はいするーりするり」

梨子「は、恥ずかし……///」

千歌「はい、足あげてー♥」

梨子「うぅう///」

千歌「するりっと! はい、綺麗にぬげました♥」

梨子「……」サッ

千歌「む、お手手どけなさい」

梨子「……にゃう」

千歌「恥ずかしいの? だいじょうぶだいじょうぶ」

梨子「そ、それもありますけど……」

千歌「?」

梨子「……うぅ。すいません、おしっこ……したくなりました」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
82 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 20:15:36.26 ID:QGoX2Pgv
千歌「え? おしっこ? こまったなー♥」

梨子「と、といれ……」

千歌「えー、でもそのべたべたの体じゃ部屋の外なんて……うーん」

梨子「さっきからちょっと我慢してたんで……うぅ、ごめんなさい」

千歌「あ、これ。洗面器にっ!」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
83 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 20:15:58.37 ID:QGoX2Pgv
梨子「せ、洗面器!?」

千歌「ほらはやく、ベッドで漏らしちゃやだよー♥」

梨子「で、でもでもさすがに」

千歌「緊急だから!」

梨子「う、うしろむいててください! あと耳もふさいでっ」

千歌「だめだよ! 梨子ちゃんくてんくてんなんだから。こぼされちゃ困るし、私が洗面器もっててあげる♥」

梨子「えぇっ!?///」

千歌「いいじゃんもういまさら恥ずかしくないよ♥」

梨子「む、むりです! あっ、でも……あっ……う……限界ぃ///」

千歌「ほら、ここ! ね?♥」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
84 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 20:18:06.65 ID:QGoX2Pgv
梨子「うううぅ!////」

千歌「うーじゃないの! ほら♥」

梨子「だ、だめ……///」 ジワ

チョロッ

梨子「あ、いっ、いやああああああ!!」

チョロロロロロロ…

千歌「……♥」

梨子「あああ……///」

チョロロロロロロ

千歌「す、すごい我慢してたんだね……♥」

梨子「うぅ……とまらない、とまらないですせんせぇ……

チョロチョロ

千歌「……黄色い」

梨子「うっ、うぅ……しにたい……」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
85 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 20:19:31.65 ID:QGoX2Pgv
千歌「……とまったね? だいじょうぶ?」

梨子「……はい」

千歌「はい、ふきふきしてあげるね♥」

梨子「じ、自分でできます!」

千歌「そっかそっか。じゃあ私これ流してくる」

梨子「ご迷惑おかけしました……」

千歌「いいのいいの。生理現象はしかたないよね」

梨子「……うう///」

千歌「よしよし、拭いたらまた仰向けになって待っててね」

梨子「……はい」


千歌(あちゃー、あのお茶利尿作用がありすぎるのかなー)

千歌(また配分も考えないと)

千歌(でもおしっこするところ見れるなんてらっきー♥)

千歌(にしし、ちょろちょろーだって! かーわいい!♥ ♥)
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
86 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 20:20:31.57 ID:QGoX2Pgv
梨子「……なんかこうやって素っ裸で待ってるのはマヌケかも」

梨子「千歌先生遅いなぁ……迷惑かけちゃった……」

梨子「あぁ、もうここ二度と来れないよ」

梨子「どうしよ……たぶん、ちょっと手とかにかかっちゃっただろうな……」

梨子「うう……だめだ、絶対ブラックリスト入りだよ」

梨子「いまのうちに帰ろうかな……」

梨子「……ん、でも……千歌先生のマッサージは好き♥」

梨子「なんかむずむずする……まだしてもらいたいな♥」

梨子「次、どこマッサージするんだろう……」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
87 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 20:20:54.83 ID:QGoX2Pgv
また1時間後くらいに
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
101 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 22:02:37.34 ID:QGoX2Pgv
梨子「パンツ脱がされたってことはやっぱり腰回り……?」

梨子「あ、も、もしかして……アソコかな?////」

梨子「そういえばおしっこするときすごく気持ちよかったような……♥」

梨子「……触るときもちいいのかな? よ、よし……帰ってくるまでちょっとだけ……」オソルオソル


梨子「……」ツン

梨子「ひっ!♥」

梨子「だ、だめ……こんなとこ触っちゃだめだよね」

梨子「……」ツン

梨子「ひゃうっ!♥」

梨子「あ、でも……ちょっとイイ、かも?♥」

梨子「千歌先生まだかな……」

梨子「みられちゃうのは恥ずかしいけど、もうおしっこみられたし……いまさら」

梨子「あ、だめだ、思い出したらしにそうなくらい恥ずかしい…」

梨子「やっぱりおとなしく帰ろ……」ツン

梨子「うっ、あっ……」ツン

梨子「んっ……」サワサワ

梨子「んっ、ふっ……あ」

梨子「千歌先生……千歌先生……」

梨子「おかしいな……せんせのこと考えてると……んぅ……変」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
104 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 22:37:19.89 ID:QGoX2Pgv
梨子「あうっ……あん……千歌先生ぇ……♥」

梨子「きもちくして♥……もっと……」


千歌「ただいまー……ってあれ?」

梨子「千歌先生……千歌先生……♥」

千歌「……あれれー?♥」

梨子「あっ……」

千歌「梨子ちゃぁん? なぁにしてたのかなぁ?♥」

梨子「こ、これは……その」

千歌「なーんか私の名前呼んでなかった?♥」

梨子「ちが、くて……///」

千歌「こんな短い時間も我慢できなかったんだ♥」

梨子「うぅ……///」

千歌「ふふふ、いいよ? 私の手できもちよくしてあげるから♥」

梨子「……はい♥」
梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」
105 :名無しで叶える物語(もんじゃ)[sage]:2018/01/13(土) 22:38:08.47 ID:QGoX2Pgv
千歌「あ、そうだ。特別に」

梨子「え?」

千歌「手だけじゃなくって♥」

千歌「チカの体を直接つかったリフレッシュコースを♥」

梨子「……!?」

千歌「……よいしょ、んしょ♥」ヌギヌギ

梨子「えっ、な、何脱いでるんですか///」

千歌「ほえ? だからー♥」スルスル

千歌「っしょっと♥」プチン ブルン

梨子「お、おっき///」

千歌「全身リフレッシュコースだよっと♥」

梨子「あ……あう、なんか、目のやり場に困るんですけど///」

千歌「ほう……いやーん梨子ちゃんそんな目でみないでぇー♥」

梨子「ち、ちがいますそういう意味じゃなくて!///」

千歌「わかってるわかってる、いちいちかわいいなぁもう♥」ナデナデ

梨子「あぅう……///」
次へ>>

※このページは、『2ちゃんねる』の書き込みを基に自動生成したものです。オリジナルはリンク先の2ちゃんねるの書き込みです。
※このサイトでオリジナルの書き込みについては対応できません。
※何か問題のある場合はメールをしてください。対応します。