トップページ > Apple > 2019年02月12日 > 35Dz/x+n

書き込み順位&時間帯一覧

32 位/375 ID中時間01234567891011121314151617181920212223Total
書き込み数0300000000000000000000003



使用した名前一覧書き込んだスレッド一覧
John Appleseed
おならもウンコもブリブリブぅぅぅぅぅ〜

書き込みレス一覧

おならもウンコもブリブリブぅぅぅぅぅ〜
5 :John Appleseed[]:2019/02/12(火) 01:46:33.09 ID:35Dz/x+n
中学校1年の夏の午後(土曜日)だったと思います。
部活を終え、おなかも空いた私は帰り道にアイスを食べながら歩いていました。
汗もよくふかずに、しかも体が冷えた時にご丁寧にも2本目をかじっていたのです。
シャリシャリシャリシャ…ロ…ゴロゴロ…トリ肌ボコボコ、脂汗ツー…。
当然の結果ですね。いくらピーになってもアイスが食べたい年頃でした。
家までは約7分の距離。持つか…? 意地でアイスを食べ終わり、棒を投げ捨て黙々と歩きました。
夏の日差しだというのに私の体は氷点下です。
制服のスカートの上にだらしなく体操着を着、右手に学生鞄・左手にボストンバックを握り締め、肩を怒らせ一点をにらみ、脂汗を流しながら内股で歩く女子中学生。よく考えなくてもとても変ですね。
渦巻くハラの中。ゆるみそうになる肛門。最初はてくてくと2拍子だった足取りも、休符が所々に混じる様になってきました。
目も、開いていても見えない状態になってきています。「かなり、だめだな・・。」 まだその頃はノグるという観念がなかった私は、迫り来る限界をはっきりと感じ取っていました。
てく…て…く…て…くて…くてく…て…くて…く…ブリブリブリブリ…てく…て…く…てくて…くて…く…ブリブーブビーブブーボーブー。
おならもウンコもブリブリブぅぅぅぅぅ〜
6 :John Appleseed[]:2019/02/12(火) 01:48:11.33 ID:35Dz/x+n
その時はあまりにも突然にやってきました。気が緩んだわけでもありません。肛門が耐えられなくなった訳でもないのです。
例えて言うなら、ついでもらってる冷酒が受け皿にこぼれるような、自然な吹き上がり。そんな噴出でした。
思わず泣きそうになりました(すでに涙目)が、それも出来ません。もうその頃はすでに内股を通り越えてへっぴり腰状態です。
歩きながら漏らして、それで泣いて、でもまだ帰宅途中なんです…なんて宣伝する事は13歳の女子にはあまりにも重荷だったのです。まだ家には3分の距離を残していました。
でも、次第に込み上げてくるシモの不快感。そして不安感。
何食ったんだかは覚えてませんが、出るわ出るわで私のウ○コは止まりません。このままでは多分パンツの許容範囲を超えて下に流れ出すかもしれない…今の所ブルマーで押えてるけど…。(注:この頃はパンツの上に常にブルマーを履いているのが普通。)
まさにDEAD ENDに陥った私は、その地点から5秒のY子ちゃん(小学校の同級生)の家に突進し、ベルを押しました。Y子ちゃんちなら「イケる」と思ったからです。
たまたまY子ちゃん自身が出てきたので、「Yちゃん、トイレ貸してねっ!!」と押しのける様にしてトイレに入りました。
地獄の鬼婆もかくや、という形相をしていた事でしょう。想像するのがつらいです。そして、スカートを脱ぎ捨て、ブルマーを履き捨て便器にまたがり、残りを一気に放出しました。
…ほぼ出切り、拭き終わり、私はそろそろと中腰になりました。そしてウ○コまみれで重いパンツを脱ぎそれを便器の中に捨てました。
そう、Y子ちゃんちは(当時うちもそう)ボットンだったのです。本当にこういう時はボットンは助かります。イケてます。Y子ちゃん、ごめんなさい。私は確信犯です。もう時効だから許して下さい。
http://xn--r8jwklh769h2mc880dk1o431a.com/mimages/2016/01/16/b030.jpg
おならもウンコもブリブリブぅぅぅぅぅ〜
7 :John Appleseed[]:2019/02/12(火) 01:53:05.71 ID:35Dz/x+n
満足した私はウ○コ付の(そう、やっぱり付いていた)ブルマーをジャージにくるんでボストンバックに入れ、スカートをはきました。そして何事もなかったかのように「ありがとね〜。あ、ちょっと臭いね〜はははっ。」と言って帰りました。
もうすでにその頃から開き直る性格が形成されていたようです。Y子ちゃんは苦笑い(多分)らしきものを浮かべていたような気がします。Y子ちゃん、ごめんなさい。目の前の私はノーパンでした。
そして、一気にもたらされる開放感に包まれて私は足取りも軽く帰宅することが出来ました。しかし、家に着き居間に入った途端、母が娘の臭さに気付きました。
そうなのです、スカートにまでウ○コが付いていたのです。多分きちんと拭き切れなかったモノが付着してしまったのでしょう。それに母は自分以外の臭いにはとても敏感なのです。
問い詰められ、「歩きながらウ○コしてY子ちゃんちにパンツ捨ててきた」と白状しました。すると…。
@ そういった異物は汲み取り屋さんが汲み取れない為に(吸い口で止まってしまう)、モノは外にむき出しのまま置かれる。
A そして汲み取り屋さんに文句を言われる。
B その漬物状態だったモノは耐えがたいくらいの臭いを放つので早く捨ててこないと(もしくは埋めないと)近所迷惑になる(ばれてしまう)。
…のだから、2度としないようにと言われました。多分全て自分で経験ずみだった事なのでしょう。
その後は風呂場でブルマーとジャージをごしごしと洗わされました(当り前)。スカートは多分クリーニング屋に出されたのでしょう。
でも、ク○もらしをした後に下半身裸でブルマーを洗うというのは、いくら13歳でもきついものがあったような気がします。もう子供ではないんだと実感させられた26年前の出来事でした。
そうです、実は今月で39歳になりました。26年経ってもやってる事はあまり変わってないように思える今日この頃です。では、この辺で。


※このページは、『2ちゃんねる』の書き込みを基に自動生成したものです。オリジナルはリンク先の2ちゃんねるの書き込みです。
※このサイトでオリジナルの書き込みについては対応できません。
※何か問題のある場合はメールをしてください。対応します。